薄毛遺伝子

薄毛遺伝子があってもなぜ育毛に成功できたのか

薄毛遺伝子があっても育毛成功

育毛栄養を摂ればハゲにはならないのです

読了までの目安時間:約 2分

 

髪の毛というよりも頭皮には栄養が必要です。

栄養が毛根に届かないと、毛根の働きそのものが鈍ります。

 

 

髪に必要なタンパク質、ビタミンやミネラルなどの栄養素がバランス良く取れていない食事、不規則な時間の食事は抜け毛を促します。

なかでも睡眠不足は悪い影響の度合いが大きいです。

 

 

女性の薄毛対策には、栄養バランスを考えた食事を摂取することが大切。

肉類を食べ過ぎないようにすることも忘れないでおきましょう。

何ごとも食生活の改善が第一歩となります。

 

 

食事療法は育毛漢方の根幹をなすものです。

食事を改善すると育毛剤の発毛効果がでやすいのです。

 

髪を太く育成するのに必要なタンパク質、ビタミンやミネラルなどの栄養素をバランス良く摂取するように心がけること。

薄毛対策で食べると良いとされている食べ物は、魚類(特に底物、カレイ・カサゴなどコンドロイチンを多く含む物)。

 

 

また、油の少ない肉(鳥ささみ等)、豆腐、納豆、野菜(温野菜が好ましい)、海草、果物、穀物類・和食類・練り物など。

ただし、あくまでもそれだけに集中するのでなくバランスのよい食事を心がけることが大切です。

 

 

たいていの人は育毛栄養が不足します。

ですから、サプリメントで補うことは最低条件なのです。

 

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メタ情報