薄毛遺伝子

薄毛遺伝子があってもなぜ育毛に成功できたのか

薄毛遺伝子があっても育毛成功

秋の薄毛対策に一歩ずつ対策を行いましょう

読了までの目安時間:約 3分

 

ハゲたくない人の野菜

 

 

ハゲ遺伝子のある人は、野菜を重要視すべきです。

ハゲになりたくないなら野菜を食べないといけないのに、日本人の今の食生活は緑黄色野菜が不足がちです。

育毛にはまったく不足です。

 

緑黄色野菜にはビタミンA(カロチン)が多く含まれ、ビタミンCやミネラルも多いのです。

カロチンとは、黄色や赤の植物が持っている脂溶性ビタミンのことで、育毛に役立つのです。

 

カロチンは体内で必要量に応じてビタミンAに変換さりは細胞膜内の活性酸素に働きかけて、過酸の発生を防ぎ、免疫力を維持します。

ミンA(カロチン)不足は、感染症に対する抵抗力弱化や夜盲症の原因となり、皮膚の潤いもなくなります。

 

βカロチンは、薄毛に効果的ですし、ガンや老化、白内障、心臓病の抑制に効果的といわれ、抗酸化ビタミンとして現在の日本には不可欠の存在となっています。

 

 

ハゲたくない人の育毛栄養

 

 

薄毛遺伝子のある人は栄養を重視しましょう。

薄毛を治すには「育毛栄養」というものを口に入れることです。

それだけでいい。

あとは、身体が消化し、毛母細胞まで栄養を届ける。

 

では、どんな栄養を摂ればいいのか。

まずはレシチン

アミノ酸

プラセンタ

スピルリナ

コラーゲン

などから始めるとよいのです。

 

 

 

ハゲたくない人の頭皮の健康

 

 

ハゲ遺伝子のある人は頭皮を清潔にしましょう。

当然ですが・・・・・。

育毛の基礎の重要な部分。

それは頭皮の健康です。

 

頭皮の健康のためには、清潔さが必要です。

「抜けるのが怖いので髪の毛を洗わない」

と言う人もいますが、それはよくないです。

 

まずは定評のあるシャンプーを使用することですね。

いくつか使用していると、

「これは、いい!!」

というものに出会えます。

 

 

 

育毛漢方まとめ無料レポート

 

薄毛対策に野菜が必要と知っていても実行できない人

読了までの目安時間:約 2分

 

ハゲ原因と対策はわかっています。

もう、あなたも知っているはず。

でも、実行できない人が多い。

 

あなたも、たぶんそうでしょうね。

失礼ですが、そうだと思います。

100人中97人は実行できない。

 

これは、

育毛に限らず、ダイエットでも、英会話のラジオ学習でも、自宅での筋トレにせよ、

実行し続ける人は少ない。

 

例えば、一番大事な基礎の基礎。

それは野菜を日本人の平均野菜摂取の最低2倍。

できれば3倍食べなくてはならないが、それを1年も続けられる人は少ない。

だから、生えない。

 

克服するには、「やってやる」というマインドに基づいた情報収集が必要です。

たとえば、野菜ジュースの活用。

 

薄毛にはブロッコリーが役立ちます。

健康にもよいので、言うことなし。

 

 

サンスターの「緑でサラナ」はブロッコリーが主体で、これは毎日飲むと役立つ。

 

SMCS配合の緑でサラナでコレステロールを下げる!


ビタブリッドCの体験

読了までの目安時間:約 2分

 

ビタブリッドCという韓国生まれの育毛剤もありますね。

ビタブリッドCはビタミンCを頭皮に塗るのです。

私も使用体験があります。

 

「話題ほどではない」

と言う感想ですが、悪くはないです。

いや、むしろ育毛剤としては優れている。

 

 

今までの育毛剤には何の効果も感じられないものが多かったのです。

 

ビタミンCは、保水力を回復する効能が育毛に役立つ。

ビタミンCは、柑橘類に多いです。

キウイ、アセロラ、緑黄色野菜などからも摂取できます。

 

ビタミンCとビタミンEを共に摂ることで、育毛と美白効果が上がります。

髪の毛に良いことと肌に良いことは同じなのです。

 

ビタミンEを摂ることで肌の新陳代謝を促すために、育毛に役立つ。

 

 

 

 

薄毛遺伝子に負けないためのノウハウ

読了までの目安時間:約 1分

 

薄毛遺伝子に対抗するにはプロペシアが有名。
でもね、副作用が怖い。

 

 

不妊の原因にもなります。
ネットで検索すると、プロペシアのせいで不妊に悩む声が数多く聴かれます。

やめておきましょう、プロペシア。

 

 

安全な漢方の育毛法を実践すればいいのです。

薄毛遺伝子を押さえつけるのはプロペシアだけではないのですから。

 

 

⇒ 育毛漢方の無料レポート

 

 

漢方の安全な育毛法で子孫の繁栄も期待できます。

プロペシアによって薄くなった精液では不安も残るのですよ。

 

 

子孫のためにも、安心安全な育毛を行いましょう。

 

 

薄毛遺伝子を「抑え込む」という考え方

読了までの目安時間:約 5分

 

薄毛遺伝子はなくなりません。

 

なくならないですが、薄毛は治せるのでご安心ください。

 

どういうことなのか?

 

私は「体質は一生もの」だと思うのです。

 

ハゲ体質も一生もの。

 

フサフサ体質には、現代の科学の力では移行できない。

 

残念ながら。

 

ところが、「抑え込む」のは可能なのです。

 

遺伝子オンにしなければいい。

 

遺伝子が発動しなければいいのです。

 

そうすることができれば「ハゲない」わけです。

 

このことが今の私にはよくわかります。

 

・野菜を多く摂る

 

・肉を食べすぎない

 

・ストレスをためない

 

・睡眠を十分にとる

 

・昔ながらの和食を食べるとハゲにくい

 

などなど。

 

これらのことは、育毛の常識ですが、

 

これもハゲ遺伝子の「遺伝子オン」を遅らせる、抑え込む方法なのです。

 

経験的に昔からわかっていたのです。

 

これらのことを毎日たんたんと実行すれば、薄毛にならなくて済みます。

 

23歳で遺伝的なハゲが起きた時には絶望を感じましたが、その後対策がわかりました。

 

一言でいうと漢方の育毛法です。

 

薄毛遺伝子を抑え込む方法を実行して、髪の毛を維持できました。

 

ここで気を付けるべきことは、

 

「どのようにしたら、ハゲを治すことができるのか?」

 

と質問を受けることが多かったのですが、一言では言えないわけです。

 

「いろいろとやることがある」

 

のです。

 

ある育毛剤を振りかけるだけでハゲを治療できるのなら、うれしい話ですが・・・。

 

それは、ない。

 

たとえば、「スピルリナを多く食べると髪の毛が太くなる」と私はアドバイスすることが多いのです。

 

 

 

でもね。

 

そうアドバイスすると、スピルリナばかりに意識が行ってしまう人がいます。

 

その挙句に、

 

「スピルリナを食べてい折るが、髪の毛が生えないよ」

 

などと私に言ってくる人もいるのですね。

 

スピルリナは育毛に役立つが、スピルリナだけで薄毛体質の人に、髪が生える訳ではない。

 

この意味が分からないと、育毛には成功できませんよ。

 

いくつかの基本的な条件を満たしたうえで、スピルリナが効果を発揮するのですから。

 

たとえば強い心理的ストレスがあると、スピルリナの努力が実を結ばない。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メタ情報