薄毛遺伝子

薄毛遺伝子があってもなぜ育毛に成功できたのか

薄毛遺伝子があっても育毛成功

薄毛遺伝子があるとわかった時の茫然自失感

読了までの目安時間:約 9分

 

薄毛遺伝子があるとわかった時のショック。

 

これは体験者でないとわからないこと。

 

そして、体験者であれば、ほぼ皆さん同様の感じを受けたはず。

 

その意味では「共通体験」といえるものです。

 

私のハゲ遺伝子があると覚悟した昭和56年当時、薄毛は「治せない」と思われていたのです。

 

ですから、あたかもガンの告知を受けたと同様。

 

「ああ、もうだめだ!」

 

と絶望感があったのです。

 

高校時代に愛読していた遠藤周作のエッセイでは、自分の薄くなった頭髪について述べられていました。

 

面白おかしく遠藤氏は自分のハゲ対策をエッセイで披露するのです。

 

 

 

 

 

あるときは「素晴らしい育毛剤に出会えたので、今後が楽しみ」などと書いていました。

 

しかし、その後、夢破れ、また別のハゲ対策を試みるのでした。

 

遠藤周作のエッセイから、

 

「ハゲは治せないのだ」

 

という信念が私の中に生まれていました。

 

だから、額がハゲ上がってきたときは絶望感に襲われた。

 

いろんな思いが頭の中で回ります。

 

 

 

 

「どうしよう。会社に行ってハゲていることをからかわれるぞ」

 

 

「昔の友人・知人に会いたくないよ」

 

 

「今後、オンナにはモテないなぁ。せっかく男前に生まれてきたのに・・・・」

 

 

「何か、方法はあるはず。いや、ないか?」

 

 

ハゲているのに、ハゲを治せない人たちを数多く見てきました。

 

高校の先生は鉄腕アトムみたいな髪形だった。

 

「どうして、普通の髪形にしないのだろうか・・・・・」

 

などと無神経な高校生の私は不思議に思っていたのです。

 

また、大学の教授がある日突然カツラをつけて授業に登場した。

 

「え~!!カツラなんかカッコ悪いよね。」

 

などと他人事のように思っていましたよ。

 

今なら、どんな思いで教授がカツラをかぶり、教壇に立ったのか、想像できます。

 

同情します。

 

勇気を認めます。

 

苦悩の末に決断したことを笑ってはいけない。

 

「自分が20代に薄毛になったのは、思いやりのない私の態度を改めさせるために神様が仕組んだのかもしれない」

 

そう思うこともあるのです。

 

他にも、髪の毛が薄くなって2枚目キャラクターを維持できなくなった男性タレント。

 

毎日ニュースを読み上げるアナウンサーの髪の毛が日に日に薄くなっているのを見て「なぜ、治さないのか」などと思ったこともあったのです。

 

わかってなかったのです。

 

薄毛、ハゲの怖さを。

 

昭和56年の秋、育毛剤を買いに行った日のことを忘れることはできません。

 

私の人生の中でも非常に思い出となった一日です。

 

会社からの帰りにスーパーマーケットの2階に置いてあるジェット噴射式の育毛剤を買いに行ったのです。

 

夕方7時くらい。

 

秋なので、もう、暗くなっていました。

 

誰かに育毛剤を買っていることなどを見られては大変。

 

私のプライドが許さない。

 

無事にスーパーマーケットの2階でジェット噴射式育毛剤を買った時に感じた絶望感は一生忘れない。

 

買った後、スーパーの2階から1階に下りる階段を下りながら、

 

「こんな育毛剤なんかで髪が生えるはずがない。1年後、2年後が怖い。いったい俺はどうなるのだ?」

 

絶望感とは、こういうことなのだと思い知りました。

 

私が、ある育毛法に出会い、頭髪をV字回復させる5か月前の出来事です。

 

 

 

 

 

 

【忘れられない屈辱のエピソードについて】

 

 

20代前半。

 

女性にもモテて、これから数多くの美女たちとの楽しい時間を過ごすはずだったのに・・・・。

 

こんなにハゲてきたら、もう、もてないと悩んだ日はいつだったのか?

 

ハゲ発覚時前後の、当時のエピソードを一つ。

 

会社の人たち6~7人でスナックに飲みに行っていて、そこのスナックで働く女の子が、私を見て、

 

「え~!!こんなカッコイイ男の人が来てくれてうれしいわ。映画俳優の〇〇みたい」

 

と言ったのです。

 

 

そのときに私の上司の課長が、顔を真っ赤にして、私をにらめつけながら、

 

「いい気になるなよ!!」

 

と叫び、その場にいた女の子や会社の仲間に向かって、

 

「こいつの頭を見ていろよ、絶対にハゲあがるからな!!」

 

と私を侮辱する言葉を大声でわめいたのです。

 

私が女の子に人気があるのが許せなかったのです。

 

びっくりするとともに、

 

「課長に俺は嫌われてるんだな。これじゃあ、出世は難しいな」

 

と暗い気持ちになったものです。

 

それにしても、ハゲや薄毛を指摘、侮辱、からかわれると人間は腹の中が煮えくり返りますよ。

 

当時の課長はもう会社を定年退職しています。

 

生きていたら75歳~77歳くらいでしょう。

 

どうしているのか、気になることもあります。

 

幸いなことに、今現在、私の髪の毛は同年代の平均値程度にありますから、当時に受けた侮辱のことも「思い出」になりました。

 

ありがたいことです。

 

もし、ハゲが治せなかったら、多くのハゲをからかった人たちを私は許せなかったでしょう。

 

髪の毛が復活したからこそ、からかった人たちを、「許す」ことができるのです。

髪の毛を生やすことに挫折する人が、なぜ、多いのか

読了までの目安時間:約 3分

 

髪の毛を生やすことに挫折する人が多い。

 

ハゲ体質を克服するのは容易ではないからです。

 

「体質改善」に取り組まないと、ハゲ体質の人は、うまく育毛できません。

 

ネットで見ていても、髪の毛を復活させることに「あきらめ」を感じている人の投稿が目立ちます。

 

「ハゲは遺伝子の影響があるので、治すことは不可能」

 

「ハゲを治す方法を見つけたらノーベル賞だよ」

 

「育毛は気休めでしかない」

 

などなど。

 

たしかに、生えるまではむなしいです。

 

お金と時間を投入しているのに、3か月、4か月たっても頭髪に変化が見られなければ、

 

「頑張っていれば、いつかはむくわれる」

 

などと言われても、継続は無理です。

 

「何の変化も起こらないのに、お金と時間だけが消費される」

 

という気持ち。

 

言いかえると、育毛においては「3か月でなんらかの変化がない場合には、挫折する」といってもいいでしょう。

 

どのような育毛法でも3か月実行して、何らかの成果が出ないと、継続が難しいのです。

 

ですから、3か月で成果を出すことが一番大事なことです。

 

「2年後には髪の毛が復活しているかもしれない」

 

というような淡い期待では、続けられないのです。

 

 

せめて3か月後には「髪の毛復活の兆し」が感じられること。

 

そのためには、何をしたらいいのか?

 

私の回答は「短期集中育毛」ということになるのです。

薄毛は治せるのですが、実現できない人が多いのはなぜ?

読了までの目安時間:約 5分

 

薄毛は治せます。

 

薄毛遺伝子というか、ハゲ遺伝子。

 

AGAといってもいいでしょう。

 

昔から言う

 

「ハゲは遺伝だから治らない」

 

という説は今も多くの人が信じているのです。

 

あなたも、そうなのではないでしょうか?

 

私も20代前半で額がハゲ上がってきた時には、

 

「ああ、ハゲ遺伝子を、やはり、自分は受け継いだのか・・・。もう、だめだ」

 

という絶望感があった。

 

 

ハゲる未来を予感したときには、本当に、立っているのも難しいような絶望感。

 

うつ気分。

 

明るい未来が見えない。

 

せっかくルックス良く生まれてきたのに、こんなところに落とし穴があったとは・・・・・。

 

キビシィー!!

 

もう、女性の人気も落ちてしまうだろーなー・・・・。

 

人生がつまらなくなったよ。

 

鏡に映った自分を好きになれない。

 

「こんな、額がハゲ上がった自分なんか、絶対に認めないぞ」

 

ハゲばかりの親類の人たちを見ていたので、

 

「血統的には完全なハゲ。やばい。この俺もハゲるかも・・・」

 

と不安に感じることもあったが、いざ、20代でハゲ上がると心は悲鳴をあげているんだよ。

 

ハゲ。

 

なんという恐ろしい言葉でしょう。

 

ハゲると人生は大きく変化します。

 

「ハゲる人生、ハゲない人生」

 

この二つは決して同じではないのです。

 

あなたの身の回りにもいるのではないでしょうか?

 

「この人、もし、ハゲていなかったら、全然違う感じだろうな」

 

という人が。

 

 

そして、普通に考えたら、「ハゲの人生」より「ハゲない人生」のほうが望ましいのは当然。

 

人気の二枚目男性タレントなどでも、もし、ハゲてしまうば、もはや、イケメンとは言われない。

 

3枚目のキャラクターを演じることになるでしょうね。

 

自分はハゲの人生が「どうしてもいや」だった。

 

どうしてそんなに嫌だったのか?

 

プライド?

 

私は他人から笑われたりするのは、我慢ができないのです。

 

実際に、ハゲ始めたころは会社の人たちから髪の毛のことを話題にされました。

 

屈辱的なこともあったのです。

 

しかし、今から思えば、「それも人生」と思えます。

 

生えたから、余裕をもって、屈辱の過去を振り返ることができるのです。

 

 

もしかしたら、あなたも、悔しい思いをしているのではないでしょうか?

 

大丈夫ですよ。

 

慰めでも、何でもなく、そう言えます。

 

私は、もう、わかっているのです。

 

「どうすれば、ハゲ体質でも髪が生えるかがわかった」

 

この価値は大きいのではないかと、最近思うのです。

 

ネットで、薄毛の情報を見ていても、なかなか育毛に成功できない人が多いことがわかります。

 

私は、何かのご縁で、ハゲ体質でも髪の毛を増やす方法を知っています。

 

情報として知っているのではなく、「実体験」として、わかっているのです。

 

この価値は私の思っているのよりも大きな価値がある。

 

最近そう思っています。

 

だから、本当に生える方法を、可能な限りあなたが実践できるよう、具体的に解説していきたいと思っています。

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メタ情報