薄毛遺伝子

薄毛遺伝子があってもなぜ育毛に成功できたのか

薄毛遺伝子があっても育毛成功

AGAによる細くなった髪の毛を太くする法

読了までの目安時間:約 2分

 

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、日本語では男性型脱毛症といいます。
男性型tpはいえ、女性も男性型脱毛症はあるのです。
父親や母親がハゲていると、女性でも薄毛の場合が多いのです。
heakea04
これはAGAの影響なのです。
近頃、爆笑問題のテレビCMで認知度が上がってきましたね。
「お医者さんに相談だ」
ということなのです。
AGAは思春期以降の男性に多く、全国で1,260万人にその症状が現れていると言われています。
薄毛対策が必要な人は予想以上に多いのです。
AGAの症状は、髪の毛にコシがなくなって抜け毛が増え、額の生え際か頭頂部、あるいはその両方から薄毛になっていきます。
髪の毛が細くなるのはAGAのケースがかなり多いのです。
60代男性では50%にAGAは見られますが、
30代男性でも10%に症状が現れているという調査結果があります。
まだ若いからといって薄毛対策を怠っていられないのです。
AGAを引き起こす要因は、ジヒドロテストステロン(DTH)という男性ホルモンです。
このDTHが毛乳頭の男性ホルモン受容体に結合して脱毛のシグナルを出してしまうのです。
そうなるとヘアサイクルの成長期が終了し、全体で薄毛になってしまいます。
また、AGAは進行性ですので、放置すればどんどん薄毛になってしまいます。
AGAにはそれに適した薄毛対策を早めに始めることが重要なのです。
では、その対策は?
私自身は、
1.プロペシア
2.のこぎりやしエキス
薄毛対策のサプリ

3、コラーゲン
4.ウコンドリンク
などです。
薄毛対策の効果は高いです。
女性はプロペシアはだめなので、ノコギリヤシエキスなどを飲むとよいのです。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メタ情報