薄毛遺伝子

薄毛遺伝子があってもなぜ育毛に成功できたのか

薄毛遺伝子があっても育毛成功

抜け毛と腎臓の深い漢方的な関係

読了までの目安時間:約 3分

 

髪の毛が細くなる、抜け毛になることと腎臓の深い関係
細い髪の毛の悩みを解決するため、抜け毛と腎臓の、深い関係について解説することといたします。
抜け毛と腎臓が非常に密接な関係にあることを知る人は少ない。
脱毛と腎臓の関係を知ったうえで、養生をしている人は、すでに髪の毛が復活しつつあるはずです。
腎臓と髪の毛の関係を思いもよらず、育毛剤だけを塗っても細くなった髪の毛を回復させる効果は少ないのです。
では、さっそく育毛書籍の名作「みるみる髪が生えてくる」の79ページをお開きください。
「ハゲは、精力絶倫の象徴ではない」
と書かれています。
たしかに、武将 武田信玄などのイメージもあり、ハゲ頭が精力が旺盛のような言い方をされます。
ここで、著書の高橋由美子先生は「ハゲは、内臓が悪いので、ヘソ下の丹田に力が入らず、いったん何か事が起これば、慌てふためく」と言っています。
そして、「大人でも子どもでも、漢方療法でハゲが治ったら、以前と比べて性格まで変わります。心理的圧迫感がなくなったうえに、気力や体力も強くなって、すっかり変身してしまいます」
ということです。
たしかに、そうだと思います。
ハゲと、髪の毛がフサフサとでは、性格が変わります。
髪の毛がフサフサの人がハゲた時。
反対に、ハゲの人が髪の毛がフサフサになった時。
同じ人でも、髪の毛が変われば、同じ性格のままでいることは、まず、ないでしょうね。
ハゲの時は、心理的圧迫感があるからです。
髪の毛をある程度確保できれば、心理的圧迫はなくなり、のびのびした明るい性格になるのですね。
細い髪の毛が解消されるとボリュームがアップし、いろんなヘアスタイルを楽しめます。
抜け毛体質を、育毛漢方で治す過程で、内臓(腎臓・肝臓)が健やかに強化され、丹田に力のある、気力も湧いてくるのです。
育毛漢方の基本は多いですが、しいて3ポイントあげると、
1.優良なシャンプー
2.効果的なブラッシングと頭皮マッサージ
3.育毛に効く食事、飲み物の摂取です。
優良なシャンプーは、重要ですので、1時間くらいネットで育毛によいシャンプー、石鹸を探しましょう。
街のドラッグストアでなく、ネットで探したほうが、いい商品に出会えます。
よい育毛剤や育毛シャンプーは、細い髪の毛を元にもどします。
育毛を加速させるのです。
慎重に、よいものを選びたいのです。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メタ情報