薄毛遺伝子

薄毛遺伝子があってもなぜ育毛に成功できたのか

薄毛遺伝子があっても育毛成功

髪の毛を生やすことに挫折する人が、なぜ、多いのか

読了までの目安時間:約 3分

 

髪の毛を生やすことに挫折する人が多い。

 

ハゲ体質を克服するのは容易ではないからです。

 

「体質改善」に取り組まないと、ハゲ体質の人は、うまく育毛できません。

 

ネットで見ていても、髪の毛を復活させることに「あきらめ」を感じている人の投稿が目立ちます。

 

「ハゲは遺伝子の影響があるので、治すことは不可能」

 

「ハゲを治す方法を見つけたらノーベル賞だよ」

 

「育毛は気休めでしかない」

 

などなど。

 

たしかに、生えるまではむなしいです。

 

お金と時間を投入しているのに、3か月、4か月たっても頭髪に変化が見られなければ、

 

「頑張っていれば、いつかはむくわれる」

 

などと言われても、継続は無理です。

 

「何の変化も起こらないのに、お金と時間だけが消費される」

 

という気持ち。

 

言いかえると、育毛においては「3か月でなんらかの変化がない場合には、挫折する」といってもいいでしょう。

 

どのような育毛法でも3か月実行して、何らかの成果が出ないと、継続が難しいのです。

 

ですから、3か月で成果を出すことが一番大事なことです。

 

「2年後には髪の毛が復活しているかもしれない」

 

というような淡い期待では、続けられないのです。

 

 

せめて3か月後には「髪の毛復活の兆し」が感じられること。

 

そのためには、何をしたらいいのか?

 

私の回答は「短期集中育毛」ということになるのです。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メタ情報