薄毛遺伝子

薄毛遺伝子があってもなぜ育毛に成功できたのか

薄毛遺伝子があっても育毛成功

発毛はレシチンでOK

読了までの目安時間:約 2分

 

発毛はバーバラ寺岡のレシチン育毛法で
育毛の画期的な食品それは、レシチン。
バーバラ寺岡のレシチン発毛術。
バーバラ寺岡は、独自の栄養学を展開し、人気がありますね。
「ドクダミワイン健康法」でも有名です。
バーバラはトータルに健康を考えるという意味で、
「トータル健康法」を編み出しました。
その柱は3つ。
1.どくだみ
2.皮むきゴマ
3.レシチン
です。
どくだみ、黒ゴマは大変健康によいものではありますが、バーバラ寺岡の髪の毛を増やすことはできませんでした。
しかし、レシチンと出会い、遺伝的には薄毛体質である彼女の髪の毛は、増え始めるのです。
彼女は、レシチンを、ごはんにかけて食べています。
私は、ぬるま湯で流し込むようにしています。
味は悪くなく、続けられます。
「レシチンごはん」で、額に髪の毛が生えてきた、と彼女は大喜びです。
レシチンだけでも発毛効果はありますが、どくだみと、黒ゴマを併用することで、さらに効果は倍増です。
成人病の予防はこのセットでかなり防げるでしょう。
もちろん髪の毛を増やすことにも大きな力をもつのです。
一般にレシチンといえば、天然の大豆からとったものをいいます。
レシチンは大豆に豊富ですが、卵黄にも含まれていて、動物では脳、をはじめ重要な組織には必ずレシチンが含まれていることから、その価値は高いものといえます。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メタ情報