薄毛遺伝子

薄毛遺伝子があってもなぜ育毛に成功できたのか

薄毛遺伝子があっても育毛成功

秋の薄毛対策に一歩ずつ対策を行いましょう

読了までの目安時間:約 3分

 

ハゲたくない人の野菜

 

 

ハゲ遺伝子のある人は、野菜を重要視すべきです。

ハゲになりたくないなら野菜を食べないといけないのに、日本人の今の食生活は緑黄色野菜が不足がちです。

育毛にはまったく不足です。

 

緑黄色野菜にはビタミンA(カロチン)が多く含まれ、ビタミンCやミネラルも多いのです。

カロチンとは、黄色や赤の植物が持っている脂溶性ビタミンのことで、育毛に役立つのです。

 

カロチンは体内で必要量に応じてビタミンAに変換さりは細胞膜内の活性酸素に働きかけて、過酸の発生を防ぎ、免疫力を維持します。

ミンA(カロチン)不足は、感染症に対する抵抗力弱化や夜盲症の原因となり、皮膚の潤いもなくなります。

 

βカロチンは、薄毛に効果的ですし、ガンや老化、白内障、心臓病の抑制に効果的といわれ、抗酸化ビタミンとして現在の日本には不可欠の存在となっています。

 

 

ハゲたくない人の育毛栄養

 

 

薄毛遺伝子のある人は栄養を重視しましょう。

薄毛を治すには「育毛栄養」というものを口に入れることです。

それだけでいい。

あとは、身体が消化し、毛母細胞まで栄養を届ける。

 

では、どんな栄養を摂ればいいのか。

まずはレシチン

アミノ酸

プラセンタ

スピルリナ

コラーゲン

などから始めるとよいのです。

 

 

 

ハゲたくない人の頭皮の健康

 

 

ハゲ遺伝子のある人は頭皮を清潔にしましょう。

当然ですが・・・・・。

育毛の基礎の重要な部分。

それは頭皮の健康です。

 

頭皮の健康のためには、清潔さが必要です。

「抜けるのが怖いので髪の毛を洗わない」

と言う人もいますが、それはよくないです。

 

まずは定評のあるシャンプーを使用することですね。

いくつか使用していると、

「これは、いい!!」

というものに出会えます。

 

 

 

育毛漢方まとめ無料レポート

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メタ情報