薄毛遺伝子

薄毛遺伝子があってもなぜ育毛に成功できたのか

薄毛遺伝子があっても育毛成功

髪の毛を失うか、タバコをやめるか

読了までの目安時間:約 3分

 

髪の毛を失うのか喫煙をやめるのか、どっち選ぶのか?
育毛剤にせよ、育毛・発毛サプリメントにせよ、強力な抜け毛対策のパワーを持っています。
ところが、その育毛効果を半減させるものがあります。
タバコです。
タバコを吸うと、抜け毛体質の人は、髪の毛を失います。
抜け毛対策を考えるには、まずは抜け毛の原因を探し出す必要があります。実は抜け毛には個人差があります。
「なぜ、あの人はタバコを吸うのに抜け毛じゃないが、自分は抜け毛となるのだろう。」と悩んでいる人も大勢いると思いますが、抜け毛になるのにもそれなりの原因があるのです。
抜け毛対策には、まずはその抜け毛の原因を知らなくてはなりませんが、一つには喫煙があるのです。
タバコに含まれているニコチンは、悪玉コレステロールを増やし、血管を詰まりやすくします。
喫煙時には、ごく微量の一酸化炭素をごく微量ですが吸い込みます。
これは、血液中のヘモグロビンと非常にくっつきやすく、離れにくい性質を持っていて、毛細血管の壁にわずかな傷をつけます。
毛細血管の壁を傷つけることが繰り返されると、毛細血管が硬くなり、十分な血流ができなくなる可能性も指摘されています。
また最近の調査から、喫煙がアンドロステンジオン、テストステロンやジヒドロテストステロンなど主要な男性ホルモンを増大させることもわかってきています。
抜け毛対策としては、根本的に喫煙をやめるために禁煙をすることが一番です。
「髪を生やしたいなら、タバコを吸わない」ということです。
不規則な生活もそうですが、この喫煙は抜け毛対策において良いことは全くありません。
タバコを吸いつつ、徹夜マージャンなどは、抜け毛解消にとっては、一番よくないことです。
また禁煙をすることで抜け毛だけでなく、他の病気のリスクも減らすことが出来ます。
まずは少しずつで良いので、禁煙を続けることからはじめてみてはどうですか?
タバコをやめて、新鮮な酸素を体内に取り込み頭皮の酸素、そして血流を促進します。
髪の毛がイキイキとするのが実感できるはず。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メタ情報