薄毛対策をあきらめハゲを受け入れるのは「もったいない」と思うが

薄毛対策をあきらめ、ハゲを受け入れるという人がいます。 平成25年の現在のように薄毛対策方法が確立されていない昭和50年代前半までは、多くの人が、 「ハゲは遺伝だから治らない」 という絶望感に襲われ、育毛剤で何とかしようとしつつ、 発毛効果がでずに、やがてハゲと共生する道を探して ‥‥