薄毛遺伝子があっても薄毛にはならないぞ

ストレスは髪の毛にとって良くないです。

不安や恐怖が健康に様々な影響を及ぼすことは知られています。

髪の悩みである「ハゲ」や「薄毛」と密接に関係してるのです。

私も思い出すと、ハゲを感じた25歳ころ、仕事のストレスを受けていたことを思い出します。

抜け毛を予防し、育毛、発毛を促進するための情報を集めていました。

ストレスで自律神経が緊張し、頭皮を含めて、血行が悪くなります。

当然頭皮の血行も悪くなると、ハゲになります。

なぜなら髪を成長させる毛母細胞に栄養が十分に行き届かないから。

ストレスにより髪の毛が細くなったり抜け毛が増えたりといった状態になるのです。

長く続くストレスはアドレナリンをたくさん分泌させます。

アドレナリンの過剰分泌によって、活性酸素が増加して皮脂腺の働きも活発になってしまいます。

皮脂腺の過剰な皮脂が分泌が塊となり、毛穴をふさぐのです。

ストレスは悪影響を及ぼしますが、ハゲや薄毛で悩んでいる人は、髪の問題自体をストレスに感じてしまいます。

日々、薄くなり、抜けていく自分の髪をみて気分が落ち込むのです。

心を明るくするセントジョーンズワートなどのサプリメントも試すとよいでしょう。

 

 

薄毛に気がついた時にはすでに、前髪が細い弱弱しい髪の毛になってしまっていることが多いのです。

また前だけではなく、頭頂部の毛髪がハゲてきて、地肌が目立ってしまっている、というケースも多いのです。

ハゲの傾向を感じた時、薄毛化を防ぐにはヘアスタイル変化をつけてみることもよい法です。

薄毛が進んだ場合、髪の毛を薄い色に染めると、少ないボリュームなのが、気にならなくなります。

でも毛の染め方によっては髪の毛はダメージを受けるので注意しましょう。

ドクダミ酒を毎日飲んで、体質を改善することも重要です。

AGAの悩みに対しては抜けおちるのではなく、髪の毛が細めになっている場合が多いです。
毛を染めると髪の毛が細くなります。

なので、毛髪のダメージを、避けたいなら、染色はしないほうがいいのです。

パーマをや髪の毛を染めたいと、女性は願いますが、できれば止めておくこと。

ただし、理容師や美容師の腕によって、髪の毛を染めたりパーマをかけたりした際の毛髪へのダメージは変ってくるものだから、たまに変化をつけたいときは、腕の良いところで行いましょう。

 

育毛に関してはさまざまな情報がネット上にもあります。

どの育毛法が自分に適しているのか?

発毛の為に、そのノウハウが効くのか?

失敗はしたくないし、無駄なお金も使いたくはないはず。

そこで、私は3つの方法を提案します。

今日はその一つとして、「髪の毛を太くする」方法です。

この方法は、アメリカでも、また日本の明治製菓でも確認された、再現性の高い方法です。

髪の毛を62日間で太くできるなら、ウレシイ話です。

もちろん私も、実行していますよ。

 

 

髪の毛が増えていく楽しみ、というものがあります。

髪の毛が日に日に抜けていくときの絶望感、恐怖とは反対に、髪が復活していくときは、喜び、希望に満ちたものとなるのです。

それはプロペシアや漢方療法できっと味わえるのです。

3か月で「手ごたえ」を感じることでしょう。

漢方療法とプロペシアです。

プロペシアについては、少し「決断」が必要ですね。

副作用などを完全には無視できませんからね。

男性で、かつ、もう子供を作らない状態なら、プロペシアを飲むといいのです。

女性であったら迷うことなく断念することです。

女性はプロペシアはダメなのです。

また、これから子供をつくる若い男性なら、少し慎重に検討すべきですね。

もし、プリオペシアがダメな人でも大丈夫です。

自然な食品で、プロペシアに代用できるものがあるからです。

漢方療法の食事ですよ。

プロペシアのような効果があるので、科学的な根拠が感じられます。

ようは、ハゲを生み出す物質を抑え込めばいいのです。

ただし、実行し続けないと、薄毛の遺伝子は、また、動き始めますので、注意しましょう。

ハゲを生む物質を抑え込みつづけることで、育毛は成功するのです。

薄毛対策で思いつくにのは育毛剤と頭皮マッサージです。

ハゲの人が育毛剤を頭にふりかけて、頭皮をマッサージする姿は、典型的な薄毛の人の育毛状況なのです。

「ハゲしいな、櫻井くん」という漫画でもよく、そのシーンがでてきます。

頭皮をマッサージするのです。

私の体験からは、頭皮マッサージは、たしかに有効です。

けれども、決定的ではないです。

髪の毛は血行だけでは生えないのです。

髪の毛を生やそうとしたら、

1.薄毛の原因を抑え込む

2.髪の毛を生やす力を強める

ということが重要ですよ。

薄毛を抑え込むには体質改善ですね。

育毛漢方のノウハウが効きます。

頭皮マッサージも漢方療法による体内からの発毛法とセットにすべきです。

ハゲはストレスによっても、生じます。私が20代に薄毛化したのは、ストレスだったのかもしれないです。

 

社会人になって、あまりにも忙しい会社に就職したのですよ。

毎晩9時、10時まで仕事。そして「やっと家に帰ることができる」と思っていたら、先輩が「おい、みんなで飲みに行くぞ」などというのです。

私はあまり酒も飲めず、大勢でワイワイいうのが好きではないのです。

「早く帰って、一人でゆっくりしたい」という望みは、なかなかかなえられなかったのです。

休日の出勤などもありましたね。そんなこんなで、仕事のストレスが薄毛化の遺伝子を、呼び起こしたのですね。

では、ストレスをどう解決したらいいのか?まずは運動をすること。

適度な運動をしないと、身体は衰弱してしまい、心も連動して、うつ気分になりやすいのです。

 

 

薄毛やハゲには様々なサプリメントが販売されています。

そのどれもが、無駄ではないと考えます。

でも、できることなら定評のあるサプリメントを購入しましょう。

私がお勧めするのはミレットコラーゲンです。

ミレットコラーゲンは非常に評判の高い育毛サプリメントなのです。

育毛のためにはお金もかかりますが、ミレットコラーゲンなら髪の毛の健康と、身体の健康が同時に手に入りますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です