薄毛遺伝子に負けないぞ

髪の毛の悩みは消える

薄毛の悩みは、髪の毛を生やすことで解決できます。

シンプルです。

薄毛の悩みを解決する方法はネットにもいろいろと出ています。

中でも、一番多くの人が取り組むのが「育毛剤の活用」でしょう。

ネットでも、育毛剤の広告が目立つ。

しかし、

私の実行して成功した育毛法は、育毛剤はあまり重視しません。

むしろシャンプーとコンディショナーのほうが100倍重要に私は感じています。

育毛漢方の高橋先生もそう話されていますね。

シャンプートコンディショナーを重視しつつ、一番肝心なのは他にあります。

大切なのは「血液」です。

髪が生える血液なのかどうか?

だから食べ物を吟味しましょう。

フカヒレやスッポンを食べるのは難しいですが、毎日のなかでコラーゲンを取り入れるよう心掛ける。

コラーゲンは2か月で髪の毛を10%太くする効果がある。(有名な話。私も実感した)

そうしているうちに、気づくと髪の毛が増えている。

 

ハゲを治す薬

ハゲを治す薬が昔からあります。

大正時代から新聞広告があったようですよ。

昔のは効果がなかった。

今のプロペシアなどは効果がありますが。

さて、

ネットでいろんな人のハゲ、薄毛に関する意見や感想を読むのはなかなか興味深いです。

「ハゲは治らない」という意見がありました。

「一度ハゲたら、もう復活はできない」というのです。

その感想は、私に言わせると、「間違い」と断言できます。

ただし、「多くの場合には」という注釈をつけてですが。

私もハゲ薄毛に関心が強いので、多くの人のハゲ、薄毛を見てきましたが、

「この頭に生やすのは困難だな」

と思える頭も街中で見かけたこともありました。

年齢が60代以上で、完全にツルツルの状態などです。

こういう場合は、プロペシアや漢方育毛療法を駆使しても、なかなか難しいだろうと感じます。

若い人でもハゲ、薄毛の人は多いのですが、若いと、私が見るところによると、多くの場合、平均的な人の量にかなり近づけると思いますね。

30代なら、多くの場合、平均に近くまで髪を増やせそうに感じるのですよ。

ただし、容易ではないのです。

定評のある育毛方法を「実行」すると何らかの結果が出ます。

もし、適切な育毛方法を毎日実行したならば、という条件があるわけです。

 

ハゲ遺伝

若ハゲや薄毛は遺伝の影響が大きいです。

女性も男性ほどではないのですが「男性型脱毛症」になるのですよ。

でも、男性が強烈!!

残念ながら強烈!!

努力しても、なかなか男性の場合はハゲ遺伝子との戦いは容易ではありません。

救いはあります。

努力すればハゲなくて済むからね。

親や親戚が薄毛でも、しっかり育毛シャンプーなどで頭皮を保護することで、薄毛を防ぐことは可能です。

以下のような「ハゲ」「薄毛」の原因説がありますが、ケアして予防すべきなのですね。

・男性ホルモン
男性ホルモンはヒゲなどの体毛を促進します。

しかし、毛根の毛母細胞に対しては発毛を阻害する働きがあります。

この根本的な要因を抑えるにはメンズミレットが最適です。

 

 

同窓会までにハゲを治す。

60歳近くなり、多くの元クラスメートたちが会社を定年退職しています。

この時期から、同窓会が多くなります。

「みんな、どういう人生を送ってきたのか?」

という気持ちが沸き起こるのです。

同窓会といえば、見た目の変化が同窓会の話題になる。

「あの可愛かったA子が、80キロくらいに太って、昔の面影がなかった」

などといわれる。

それがいやで、同窓会に出席しない人もいるのです。

男性も体重は見た目に影響が大きい。

しかし、それ以上に見た目の変化に影響するのが髪の毛。

白髪はまだしも、ハゲると、同窓会の後、大きな話題になる。

みんなのからかいの的になるのが嫌なら、髪の毛を増やしてから同窓会に出ることです。

 

 

 

健康情報を考える

健康に関しては情報が様々です。

何を信じたらいいのか?

コーヒーが身体に良いという情報もあれば、良くない情報もある。

一つ言えることは、個人個人で体質が違うということ。

ある人にとっては「健康に良い事」なのに、

他のある人にとっては良くないこともある。

健康情報に振り回されないことが大事です。

生活習慣病の対策について考えたい。

50代からは、人間ドックにおいても、パーフェクトではない状態。

改善を要する項目が出てくる。

同年代のものと話をすると、やはり50代前半までは健康の数値は良好だったが、50代後半から「注意すべき事項」がでてくるようです。

血圧、高脂血症、糖尿病、がん。

どれも怖いよね。

運動が大事なことはわかっていても、皆、運動ができていないよね。

通勤を歩くようにしたりして、強制的に運動する状態を作らないとね。

生活習慣病対策には、結局は、運動と食べ物です。

健康をアップさせるという強い意志が大事なのです。

追伸

第二の人生で、仕事に余裕ができて、帰宅も早くなった同世代の人は多いのではないでしょうか?

私も現役時代は夜8時ころまでの仕事をしていた。

残業続き。

でも、関連会社に転社してからは5時ジャストで終わる。

当初「あれもやりたい。これもやりたい」

と時間が増えたことを喜んでいました。

ところが・・・・・。

仕事はかなりラクになったはずなのに、家に帰ると、ひたすらソファーにゴロンと横になりテレビをみるだけ。

読書をする気持ちにはなれない。

運動する気にもならない。

妻を抱く気にもならない(あっ、これは余談)。

仕事がラクになって幸せな一方で、どこかで、無気力状態・・・・・。

妻も「ゴロゴロしているのなら、部屋の掃除でもしたら?」

などと口を出してくる。

そのような状態が数か月続きましたが、1か月前くらいから、やっと「希望の星の光」がみえてきました。

本で読んだ「疲れを取る方法」を実行したところ、家に帰ってもアクティブになりましたよ。

結論から言うと、疲れを取り去る「イミダペプチド」を摂取するだけでいいのです。

渡り鳥が長い距離を飛べるのは、イミダペプチドのおかげなのです!!

飲むだけなので、簡単です。

私はネットで調べて、楽天ショップで初回特典のあるショップにおいて買いました。

飲み続けています。

もし、毎日、疲れて家で何もしたくないのだ、という人がいましたら、一度試してみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です