細い髪の毛を育てる

コラーゲン育毛

細い髪を太く育てるために。
夏は髪の毛が太くなりやすい。
けれども「日焼け」はしないよう注意も必要。

日焼けは薄毛の原因となるのです。
さて、髪の毛を育てるには、栄養が必要。
しかも、私の経験では体内からの栄養が大事です。

育毛剤で外部から栄養を与えると言うのは、お勧めできないです。
無駄ではないでしょうが、いままで、「効いた」という経験が、あまりないのです。
では、体内から摂取する栄養素ではないがよいのか?

まずはコラーゲンです。
髪の毛を太くするのが容易。
コラーゲンが一番容易だと、体験しました。

レシチン育毛

ハゲを治す効果の高いレシチンは安価で、効果も高いのです。

バーバラ寺岡の言葉を本から引用します。

「私の場合のレシチンの効き目はというと、レシチンごはんをたべはじめて2~30日たった頃、オデコの生え際のあたりに変化が観察されました。

ウッスラと・・・・・まだもやもやした、うぶ毛程度のものでしたが・・・・・・とにかく髪の毛が生えてきたんです!

自分自身でもちょっと信じられませんでした。

いえ、それだけじゃなく、髪の毛にポツポツと白いものが目立ってきたのに悩んでいた友人にレシチンを教えてあげたら、いつの間にか元の黒髪にもどったそうです。

こんなに驚いたことなんて、めったにありません。

そして、こんなにうれしかったことも・・・・・・。」

(同著33ページより)

再現性の高い方法だと思います。

私も発毛効果を実感できた方法です。

レシチンを食べる方法は、いろいろです。

サプリメントは「水で飲みますし、粉のものはごはんにふりかけたり、水で飲んだりします。

私は牛乳で飲むことも多いのです。

育毛においてレシチンは役立つだけでなく、それ以外にも多くの心と体に効果がありました。

平成27年12月現在、私はオリヒロ株式会社の大豆レシチンを買っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です