薄毛遺伝子があったら対策を講じる

ハゲを治すには育毛剤を振りかけるのが一番だ、などとと思っていませんか?

じつは、一度薄くなった髪の毛を育毛剤だけで治すのは困難です。

男性の場合は「ムリ」と断言してもよいでしょうね。

体験的に。

髪の毛を生やす条件があります。

これは漢方の育毛法の考え方ですが、外側からのケアではなく、内側体からのケアをしていくことが大切なのです。

髪の毛は身体の内側から生育するものなのです。

当然薄毛、ハゲになる原因も、外側ではなく内側にあるので、どれだけ育毛剤を振りかけて外側からのケアを頑張っても、根本的な育毛を成功させる事ができないのです。

これからハゲを治す、正しい改善方法をご紹介します。

それらを理解しておくことで、これから先、たくさんの情報を目にしても、どれが正しい情報なのかを、自分で判断することができるようになります。

本当に髪の毛が生えるのだろうかと、数か月もすると不安になることがないように、まずはハゲについて、正しい理解をしておきましょう。

基本原則1.髪は血液で作られる

人間の体には、多くの細胞があり、そのほとんどが、血液から「栄養」を与えられて、成長しています。

髪の毛も細胞でできており、髪の毛ができるためには、血液が使われるのです。

けれど、髪の毛は内臓などに比べて、命にかかわるほど大切なものではない。

そのため、栄養が届くのが、内臓よりも後回しになります。

重要部分御の細胞の修復などに血液の栄養が使用されたそのあとに、あまった血液で髪はつくられるのです。

2.血を失うとハゲになりやすい

女性の場合、人生の中で薄毛に急速になりやすい時期が、3回あります。

1「初潮」、2「出産」、3「閉経」の時期です。

妊娠・出産によって、女性の体から多くの血液が体外に出ていき、血が足りなくなります。

閉経も、体の血が足りなくなることで、生理が終わりますよね。

つまり、このような時期は、身体内の血液が不足するときなのです。

血液に混ぜて栄養を運ぶことにより、血が少ないと分栄養も不足するわけです。

命に影響を与えないところは、栄養配分が後回しにされるので、髪の毛の成長が難しくなるのです。

男性の場合にはこれとは違って「遺伝的影響」があるので、難易度が高くなります。

ただし、ハゲを抑える栄養成分はもうわかっており、対処はできるのです。

私は遺伝的には強いハゲ遺伝子を持っていますが、平均的な髪の毛の量を維持しています。

これも漢方の知恵により、ハゲ要因を抑え込むことができたからですよ。

3.薄毛の改善は体の健康が基本です

ハゲの原因は、血液中の栄養が不足することからはじまります。

血液自体の栄養が不足すると毛母細胞において栄養が不足し「太く大人の毛になれ」という命令が実行されないままになります。

毛母細胞を、元気にするためには、偏った食生活の改善や、睡眠、生活習慣を改善する必要があるのです。

「そんなことは十分に知っているよ」と思われたかもしれませんが、そんな当然の事を、当たりまえのように実践できている人が、はたしてどれほどいるでしょうか?

2割くらいかな?

食事・睡眠・運動、この3要素はあなたの育毛を成功させるために大切な要素です。

当然であることを、もう一度確認することで、体が健康になり、ハゲや薄毛を改善する事ができます。

追伸
当然なことの一つは野菜が大事なこと。

これも実行するのが難しいようです。

3か月、1日2本サンスターの野菜飲料を飲むと違いが判るはず。

試してみてはどうでしょうか?

 
コレステロール基準値が気になるアナタに!【緑でサラナ】



 

コラーゲンで薄毛対策しよう!!

マスコミでも話題のコラーゲンドリンクです。

美容、育毛に大切なコラーゲンを体の中で生成するのをサポートする。

通常の育毛法では得られなかった発毛効果を実感できるでしょう。

髪の毛を増やしたい方。

美肌作りを目指す方。

身体の健康を維持したい方。

美容成分で作成されたドリンクなのに、飲んでおいしいから継続が容易ですね。

・育毛と発毛に関心の高い方
・飲むだけで簡単にキレイになりたい方。
・即効性をお求めの方。
・今までの美容ドリンクでは実感できなかった方。

加齢とともに少なくなったコラーゲンを補うことが重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です