薄毛遺伝子があっても、こうしたら克服できる

野菜と育毛

髪の毛が繰り返し元気に育つサイクルは、4~6年なのです。

薄毛対策において大事なポイントは問題は、年齢やストレスにより、そのサイクルに乱れが生じて「うぶ毛があるのに、細くて透明なので見えない状態」となったときです。

この状態が数年続くと、みるみる、見た目に大きな違いができてしまいます。

育毛において大切なのが頭皮の健康状態です。

成果の出ない人は「野菜」をどの程度食べているのかを思い出してください。

野菜が足りないのなら、青汁で薄毛対策を成功させる。

多くの人が野菜不足で育毛に成功しないのです。

圧倒的に野菜成分不足。

不足するのなら、なんとかしないと、野菜不足では髪の毛は生えません。

青汁の活用もすごく役立ちます。

 

日焼けを防ごう

日焼けを防いで育毛することを守りましょう。

薄毛、ハゲの人の日に焼けない過ごし方が重要ですぞ。

一生ハゲないためのこの方法を覚えましょう。

ハゲ、薄毛の対策のひとつに

「帽子は髪の毛によくない。しめつけるので、血行が悪くなる。同様にヘルメットもよくない」
ということは、あなたも聞いたことがあるでしょう。

しかし、夏のカンカン照りれではなくとも、5月くらいからは陽ざしに注意すべきなのです。
私は、現在57歳ですが、20代後半にゴルフをよくしていました。

また、海水浴にもよく行きました。
今から思うと、そういうときは頭皮が「ヤケド状態」に近いことになるわけです。
頭皮を守り、健やかな頭髪をキープするには、帽子をかぶるほうが、頭皮のヤケドよりも100倍ましということです。

海水浴も良くないです。
薄毛、抜け毛の傾向のある人は、海水浴はあまりよくないのです。

気分転換という意味では頭髪の生育にはプラスですが。

海水浴を、どうしてもしなくてはいけないときは、帽子をかぶって海に入ることです。

日焼けの害をできるだけ防ぐことで、抜け毛、薄毛を防ぐことです。
こう言う場面になると、帽子は薄毛にとっては、害というよりは、とても役立つものといえるのですね。

 

 

コラーゲンで薄毛対策

育毛の世界でもコラーゲンが有効と言う話があります。

髪の毛の発毛に対してもコラーゲンが効果があるということなのです。

私も、私も発毛に有効だと思います。

コラーゲンは「美肌」のためによいということで注目を浴びたのですが、肌に良いことは髪にもよい、という原則があるのです。

コラーゲンはタンパク質の一種であり、髪の成分もおもにタンパク質なのでタンパク質を摂ることは髪にとって役立つことは容易に想像できます。

コラーゲンを摂取すると、細胞の活動が活発になりケラチンの合成が進むというわけです。

ハゲ対策だけではなく白髪対策にもコラーゲンは有効といわれています。

私のコラーゲン体験は、じつはそれほど多くないのですが、定期的にコラーゲンを摂取してきました。

週に1回~2回くらいは食べていました。

一袋1000円程度で売られているブタのコラーゲンを時々食べていました。

また、「フラコラ500」という有名なコラーゲン飲料を、ドラッグストアに立ち寄ったときなどに、買って飲んでいました。

フラコラ500については、かなり良いものだと感じましたが、費用面では価格が高いので、毎日というわけにはいきませんでしたね。

頭皮は表皮、真皮、皮下組織という3つの部分で構成されています。

髪の毛は真皮の部分から生えており、真皮の主な構成成分がコラーゲンです。

なので、コラーゲンの新陳代謝が低下し、栄養素が十分毛髪に行き届かなくなると、髪の毛が弱弱しくなり、ハゲたり抜けたりするのです。

コラーゲンは髪の毛のみならず、体全体のタンパク質の30パーセント以上を構成する成分なのです。

コラーゲンはサプリメントで摂取する方法もあります。

ブタのコラーゲンなどは一袋1000円程度で安価です。

でも、食事から摂ることが基本なので、牛肉、豚肉、鶏肉、軟骨、ウナギなどを食べましょう。

 

体質改善をして髪を増やすドクダミ

育毛に努力しているあなたに、参考になれば。

私は25歳ころ、親類がみな持っている薄毛体質により、みるみる額からハゲ上がってきました。

一番女性にモテたい頃なので、ショックは大きい。

「あと、せめて10年あとにキテほしかった」

という思いでしたね。

結論から言うと、当時、漢方の育毛法により、危機を脱しただけではなく、根本的な薄毛やハゲ体質への対処法がわかったのです。

ありがたいことですよ。

薄毛は体質を変えないと、育毛剤だけでは対処できないのです。

25歳でそれを知り、そのおかげで51歳の今まで、なんとか漢族のいく頭髪状態です。

お金と時間をかけたおかげですよ。

25歳当時に、一番効果の高いと体感したのが育毛酒です。

ホワイトリカーに

みつひ

黒なつめ

ハスの種

紅クコ

よもぎ

などをつけるのです。

その後、ずっと飲んできましたが、平成20年にドクダミ酒「十黒梅」と出会い、以後はどくだみ酒にチェンジしました。

お金はかえって安くつくのです。

時間もかかりませんしね。

「おしえてGOO]

抜け毛に対する回答コメント

というサイトに、抜け毛の対処法が載っており、そこにはどくだみ酒で抜け毛が治った体験が出ていました。

なぜ、どくだみ酒が効くのかは、科学的にはあまり明確ではないと思います。

 

 

ストレスとハゲの関係

髪の毛が薄くて、営業の仕事であと一歩のところで、薄毛が気になり、成約できなかったセールスマンが、薄毛がなおったとたん、グングン成績をあげたという話を聞きました。

そういうことは、確かにあると思います。

薄毛、ハゲを気にして消極的になる場合があるのです。

髪の悩みに対して、何故そこまで真剣になってしまうのか疑問に思ってしまうかもしれません。

でも髪が抜けしまった自分を想像してみて下さい、そして髪がうすくなった自分を想像してみて下さい。

外見も印象も髪の悩みがない頃とはガラッと変わってしまでしょう。やはり人間にとって第一印象は大切です。

髪の悩みは男性には切実な問題だと思います。

ある程度の年齢になると、薄毛や抜け毛が誰しも気になるはずです。肉体的にも精神的にも、まだまだ若いと思っていた矢先に髪の毛が薄くなり始めた、なんてことになったら、一気に老け込んでしまいます。

ハゲや薄毛などの髪の悩みは男性も女性も見た目の印象が一気に変わってしまいますので、大きな、深刻な、悩みとなります。

男性もそうですが、女性でも抜け毛や薄毛に悩む人も大変多くなっていますので、髪の悩みを抱えている人は相当な数いると思います。

髪の毛の悩みは、悩むといっそう、髪の毛がうすくなるという悪循環となる恐れがあります。

気持ちを楽にするのが抜け毛解消に重要ですが、楽しいテレビなどは、手っ取り早いストレス解消になります。

ストレスが減るにつれ、髪の毛はグングン生えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です