育毛情報商材を買う

育毛情報商材

 

育毛情報商材の時代があったのです。

平成18年~平成22年頃。

2万円くらいの育毛電子テキストが売れに売れた。

ネット社会の到来とともに、過激な宣伝文で公告した育毛情報商材。

今ではあまり売れなくなりました。

「育毛の情報は、もう、ただで手にはいる」

という気分になったからでしょうか?

私は「お金を出して育毛情報を買う価値は高い」と思うのですが、

さすがに2万円は高いように思えますよ。
 

【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム
 

【サイエ式】女性の育毛発毛プログラム

 

こんな情報商材もヒントがあるかもしれませんね。

さて、今回は市販の書籍からの情報です。

上記の情報商材とは無関係です。

髪の毛が少なくなると、気が落ち着きません。

このままいくと、あっという間にハゲてしまう。

みんなの笑い者になりゃせんかの・・・・・・。

そんなときに、ハゲの書籍はあなたにささやくように説明する。

1.ハゲはこんなにも、つらいことだ。

2.ハゲる理論と髪の毛のサイクルや髪の毛を増やす方法

3.書籍内で紹介している某育毛サロンにくれば、ハゲの悩みは解消!!

というパターンで書かれている。

「発毛」とくれば、もう有名な会社ですね。

そこの発毛会社のPR書籍ともいえよう。

カツラの会社ではないので、この本で、予備知識を得てから、相談するのは、悪くないと思う。

ハゲ関連書籍は、そのなかで、さりげなく「おどし」の部分がある。

社内旅行で、うしろ姿を写真で写され、そのときに自分の頭頂部のハゲに気づき、愕然とする話。

恋人と夏に海に行き、髪が濡れたとき、髪が少ないのがわかり、気まずくなる話。

子どもが、お父さんのハゲを友達に見られたくないので、幼稚園へ来ないでという話。

などなど、ハゲた人の苦悩が恐怖談のように語られる。

もちろん、それは、某発毛サロンへの誘い水でもあるわけだ。

それとわかりつつ、私は「良好な書籍」と評価する。

ハゲ対策には、なによりも情報が必要なのです。

育毛サロンでは、どういうことがおこなわれているのか、その一端でも知ることは、髪を生やすのに役立つ。

では、髪を生やすためのポイントを列記しよう。

1.ストレスをなくす。少なくする。

2.カツラや植毛にいったん手をつけると、あとは非常に大きな出費がつづく。

3.髪によい食材・・・蛋白質(魚類、鶏肉、卵、ゴマ、大豆製品)をはじめ、海藻類、野菜類、コラーゲン、銅、亜鉛とビタミンなど。

4、シャンプーは天然成分のシャンプーを使用する。

5.食事で摂取できない栄養は、サプリメントで補給する。

6.髪は必ず生えると信じて、行動する。

「薄毛の場合、隠せば隠すほど、尊厳は失われていきます。なぜなら、それはみせかけの尊厳であることを、すでに衆目が認識していることだからです」

著者はこう言うとおり、私たちの目標は、ハゲ隠しではなく、自分の髪の毛を、生やす、復活させることにあるのです。

 

抜け毛対策

 

抜け毛対策のためには、まずは頭皮を清潔に保つことが一番です。皮脂を取り除くにはホホバオイルやオリーブオイルが有効とされています。また緑茶でリンスするのも効果的とされているわけですね。

髪の毛にも栄養が必要で、栄養が毛根に届かないと、毛根の働きそのものが鈍ります。

抜け毛対策で食べると良いとされている食べ物は、魚類(特に底物、カレイ・カサゴなどコンドロイチンを多く含む物)、油の少ない肉(鳥ささみ等)、豆腐、納豆、野菜(温野菜が好ましい)、海草、果物、穀物類・和食類・練り物など。

でもなにかの食べ物に集中するのでなくバランスのよい食事を心がけることがポイントなのです。

毛髪が薄くなったり、白髪になったりするのは、血流が悪くなったり、毛をつくる細胞や毛に黒い色をつける細胞の働きが衰えるのが原因です。

これは育毛効果は、まず毛根の最深部にある毛母細胞を活性化させ、細胞分裂が活発になることで、皮下から生えてくる新たな部分を元気にさせるのですからどうしても時間がかかるんですね。
また、毛母細胞活性化と血流改善効果を存分に発揮させるにはどの育毛剤にもある説明書にある方法をとることです。

用量や使用回数、その他の注意事項などが、説明書にくわしく書いてありますのでそのとうりにやりますが、おすすめできるのがシャンプー後なるべくすぐです。もちろん水分をよく取り除いてからですよ。

シャンプーは原料の油脂によって石鹸系、石油系、高級アルコール系と分けられます。これに関しても自分にあったものを選ばないと効果は期待できません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です