薄毛対策にドクダミを活用する

私の育毛生活の中で成果の出た一つの方法は「ドクダミ」を飲んだことです。

お酒やお茶。

健康雑誌などを読んでいたら、ドクダミで薄毛が治った事例が散見されたのです。

どくだみによって、なぜ、髪の毛が復活する事例があるかというと、そのわけは、あまりよくわかりません。

というのも、人体の仕組みは不思議なもので、漢方のように「原因と結果」で考えないといけないわけです。

 

牛乳を飲んだら背が伸びた

マカを飲んだら子が授かった

ビタミンCを飲んだら美肌になった

オットセイのキモを飲んだら夜の元気が出た

などなど。

 

漢方の考えでは、「こうすると、多くの人がこうなった」ということの積み重ねなのです。

ドクダミについても、非常に多くの文献で肌と髪によいことが記されています。

肌を美しくし、髪の毛を増やす。

なにが、どのように作用してそういう結果になるのかは不明です。

また、知らなくても問題はない。

「ようは、生えればいいのだ」というスタンスです。

副作用も出ていませんから、ぜひとも、採用してほしいものです。

ドクダミのエキスで髪の毛が増えたという報告は多いのです。

 

たぶん、すぐ事例はネットで検索できると思いますね。

では、ついでなので、今、調べてみましょう。

安価な方法としては「お茶」があります。

 

 

 

ドクダミワインやドクダミ酒は濃度が濃いので、成果が出やすい。

ドクダミの成分がたっぷりなので、効果はさらに大きいわけですね。

生搾りどくだみ青汁酒 十黒梅(じゅっこくばい)





注意すべきはどくだみと、ツルドクダミは別と言うことですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です