薄毛遺伝子

薄毛遺伝子があってもなぜ育毛に成功できたのか

薄毛遺伝子があっても育毛成功

薄毛遺伝子があったらまず「これをする」のです。

読了までの目安時間:約 3分

 

 

 

 

昭和56年に薄毛化が急激に進行した。

 

このころは、本当に恐怖を感じていました。

 

怖かった。

 

はげが本当に怖かった。

 

今でも、当時の恐怖を思い浮かべます。

 

「ああ、助かったのだ」

 

と今も安堵感を感じます。

 

ハゲはじめた当時は

 

「もう、来年の今頃には完全なハゲになっているのではないのか?」

 

という不安と心配とで、オドオドしていた。

 

 

当時発刊された、育毛本によって救われたのですが、本に書かれていることを実行するのは、それほど容易ではなかったのです。

 

全部を完全に実行するのは無理な面もあった。

 

 

育毛にはお金と時間が必要。

 

意志力も必要。

 

その本を読んで、一番最初に思った感想。

 

「なるほど。ハゲ遺伝子を抑え込むには、野菜成分をとることなのだな」

 

この部分を一番印象的に覚えています。

 

頭皮マッサージや、健康食品、シャンプー方法、なども解説されていましたが、

 

一番大事なのは野菜成分なのだと私はとらえました。

 

これは、今思い出しても「正解」だったのですね。

 

 

育毛剤を振りかけても、髪の毛は生えない。

 

でも、体内に野菜成分を取り入れると、ハゲ要因が押さえつけられる。

 

 

そう感じました。

 

そのために野菜スープが私の救世主となったのです。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メタ情報