薄毛遺伝子

薄毛遺伝子があってもなぜ育毛に成功できたのか

薄毛遺伝子があっても育毛成功

育毛のためには栄養成分を継続してとること

読了までの目安時間:約 1分

 

育毛のためには栄養が必須です。

 

髪の毛が育つための栄養なしに髪の毛は生えないのです。

 

髪の毛は人間の身体の一部です。

 

人間の身体の一部である限りは、口から取り入れた栄養をもとに髪の毛を生やすのです。

 

栄養と言っても2種類あります。

 

①ハゲ要因を抑え込む栄養

 

②髪の毛を増やす成分

 

この二つを毎日、継続して数か月摂取することで薄毛は治せるのです。

 

カイセイ堂のメンズミレットにはハゲ要因を押さえつける効果が強力なので、ハゲを克服したい人には最適です。

 

1か月に3本を飲みましょう。

 

 

回生堂メンズミレット

 

f:id:minanotame2:20150228192827j:plain

 

ハゲる予感はたぶん当たる

読了までの目安時間:約 2分

 

ハゲ予感がある人の50年後の「実態」とは?

以前、テレビ番組で面白い企画があったんですよ。

昔の自分にエールを送るような企画。

 

 

明石家さんまが司会。

その中の一人、20代の自分にエールをした。

「20代のボクへ。今の君は自分がハゲるかどうか気にしてますよね。50年後の今はこうなっていますよ!!」

問いって帽子を脱ぐ。

 

「残念でしたぁ!!」

 

でハゲあたまを披露した。

 

 

育毛に関心のある私にとっては、

持論である「ハゲ予感がある人はハゲる」ことが証明された一例でした。

 

 

ハゲ予感がある人は、若くして、自分がハゲることを知っていることが多い。

そのハゲ運命を変えるのは、適切な育毛ノウハウなのです。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メタ情報