薄毛を治した体験は、誰かの役にも立つ

 

薄毛遺伝子を持つ人がハゲを治す方法について、ネットではいろいろと議論されています。

2CHなどをみると、育毛法について参加者同士が、口汚く攻撃しあう様子も目立ちます。

 

 

なぜ、そんなに薄毛対策について、ののしりあうような事態になるのか。

「それは、おまえのデタラメ話だ」

とか、

「情報におどらされている哀れな野郎だ」

などなど。

これほどハゲのスレッドが醜い様相をしめすのは、育毛に失敗した人たちの、

 

心の中に「怒り」が生まれてきているからだと思うのです。

 

「6800円も出して育毛剤を買ったのに、何の効果もない。だまされた」

 

「プロペシアも自分には効果がなく、それどころかED症状が出てきた」

 

などと、つらい目に遭った人は多いのです。

だから、

「もう、騙されないぞ」

という怨念に基づいて、育毛情報を交換し合っている感じですよ。

 

さて、

小保方さんのSTAP細胞問題は、数年前に大議論となりました。

 

小保方さんの話を批判的に見る人は、

「人をだますようなことは、決して許されないのだ」

という考えだったのでしょう。

 

一方、

小保方さんが、STAP細胞を作製したのは本当だと支持する人もいます。

「STAP細胞はアリマス。私は200回以上も作ることに成功しました」

と彼女が会見で自信満々に話したことは、うそには思えない気がしました。

 

私の意見は、

「誰かが再現できたら、小保方さんは正しい。しかし、再現できなかったら捏造とみなされるべきだ」

ということです。

 

これが結論。

 

育毛法も再現性が重要なのです。

大手の育毛剤メーカーが、育毛剤の広告に、

「この育毛剤なら3か月で生えます!!」

と書いていても、

「で、再現性はあるのか?」

と問わなくてはなりません。

 

多くの育毛商品は再現性がないのです。

だから、

「騙された」感

を持つ人が多いのです。

 

 

私も育毛法や薄毛対策法をネットで情報発信しています。

 

私の体験では薄毛遺伝子があっても、髪の毛は生えます。

その結果をもとにして、今度はあなたが体験し、この方法を広める必要があるのです。

あなたのところで成功体験を止めないことです。

あなたの育毛成功は誰かの役に立つのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です