薄毛遺伝子があっても漢方の力なら治せる

プロペシアはやめておく

 

 

 

薄毛遺伝子があってもあきらめずにいましょう。

 

髪を増やしてイケメンになって、女にもてる。

育毛の場合に、考えるべきは「個人の体質」なのです。

 

人それぞれとはよくいいますが、本当に、人それぞれなのです。
髪の毛の状態も、人それぞれです。

 

たとえば、プロペシアが薄毛対策にはよいといわれています。

けれども、100人の薄毛の人全員に有効なものではないのです。

 

女性は利用できないとかも。

また、プロペシアを飲んだ何割かは「効果が感じられない」との感想をもつのです。

しかも「副作用」があるのです。

私は副作用がありました。

 

 

だから、プロペシアはやめておきたい。

 

漢方の育毛法が一番だと感じますね。

 

まずは、3か月続けて飲むことです。

 

⇒ 育毛漢方無料レポート

 

 

 

 

 

女性の育毛まとめ

 

 

 

女性の薄毛を治す方法には7つのポイントがあって、どれが欠けても、うまく髪の毛が生えないのです。

 

では、あなたもお忙しいでしょうから、さっそく見てまいりましょう。

1、育毛剤の活用・・・・・女性の場合、育毛剤がよく効くことが多い。

2、良質のシャンプーを使用すること・・・・・悪いシャンプーを決して使わないこと。

3、野菜成分を十分に摂取すること

4、睡眠をできれば一日8時間、最低でも7時間とる

5、育毛サプリメントの活用。・・・・・・イソフラボン、コラーゲン、ノコギリヤシ、亜鉛

6.心の平安を維持する

7、頭皮の血行を良くする頭皮マッサージを毎日の習慣にすること

以上となります。

これだけでも、毎日実行するのは、決して容易ではありませんが。

 

 

 

ヒアルロン酸が髪のケアに役立つ

 

 

 

育毛のためには頭皮が健康でなければいけません。

頭皮は「肌」です。

髪の毛と肌は同じようなものです。

で、肌を良くする方法が髪の毛を増やすことにつながります。

睡眠をとり肌を良くすると、頭皮も同様に健康になり髪が生える。

 

美肌成分を摂ると、頭皮も同様に健康になり、髪が増える。

 

美肌成分で有名なヒアルロン酸を活用しましょう。

薄毛対策には大いに役立ちます。

育毛剤を塗るよりも、口から育毛に役立つ栄養を摂るほうがいいのです。

 

「髪の毛は人間の身体の一部」

そして、

「人間の身体は食べたものでできるから」

なのです。

 

ヒアルロン酸を3か月、摂取してみる価値は高いです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です