薄毛対策には野菜スープを飲み、肉を慎む

髪の毛を生やすには野菜を摂取して、肉食を慎む、というのは常識です。

野菜もできれば「色の濃い野菜」がよいのです。

 

実際、ピーマンやブロッコリー、ニンジンホウレンソウなど、髪の毛によいものは色が濃いですね。

育毛剤と発毛サプリメントがあなたに適合すると、非常に大きな成果が出ます。

ただし、サプリメント単体では効果は限定的です。

 

その発毛力をさらに加速するためには野菜スープがよい。

発毛効果があるので、「育毛野菜スープ」と呼びましょう。

私が、最初に抜け毛の恐怖に遭遇したときに、大きな力となってくれたのが、育毛野菜スープだったのです。

昭和56年当時の、私の活用したレシピを言いますと、

 

1.ブロッコリー

2.ほうれんそう

3.ピーマン

4.ニンジン

5.キャベツ

などを、コンソメスープで煮込むのです。

 

独身で、自分でできるのは、それくらいでしたが、大変満足のいく発毛効果を実感できたのです。

ちなみに、現在は、缶入り野菜スープを購入しています。

いろいろな種類があると思いますが、私は、

ベータ食品株式会社の「自然の恵み 野菜スープ」です。

 

材料は、大根、大根の葉、ゴゴウ、ニンジン、干しシイタケ、パセリ です。

飲みやすく、1本250円程度ですので、長く続けることができます。

ただ、手間を感じない人であれば、私が昭和56年に実行した野菜スープのほうが、もう少し発毛効果はあるようにも思えますね。

 

育毛野菜スープとは野菜がたっぷり入ったスープのことで、髪の毛の発毛、生育必要なミネラルやビタミンが豊富なので美しく、豊かな髪の毛がみるみる生えてくるのです。

ネットで野菜スープレシピを探してみると、いろんな種類の野菜スープがあります。あじつけも色々なものがありますね。

固形スープを使って手軽に作れる野菜スープレシピは、料理が苦手な人や時間のない人に良いですね。

 

トマトの水煮缶を使った野菜スープは、彩りも鮮やかで目でも食事を味わう事ができるので、単調になりがちな育毛・発毛生活を長続きさせてくれそうです。

またトマトの水煮缶を生のトマトに替えて、自分流発毛対策の野菜スープを作っても楽しいと思います。

基本のあじつけはありませんから、自分で色々工夫してオリジナルの育毛野菜スープレシピを作ってみましょう。

 

育毛野菜スープレシピとして、たまねぎや人参などの一年中手に入りやすい食材を使うのもよいです。

手に入りやすい食材を利用できるということは、値段もお手頃ということにもつながり、長く野菜スープを愛飲することができますよね。

たまねぎやトマトなどには、解毒作用もあります。

また、ブロッコリーは暖かいスープにすることで食べやすく、髪を増やす効果が期待できます。

 

野菜スープを利用して、普段の野菜不足な食事を見直してみましょう。

野菜を切って煮込むだけの野菜スープは、お料理初心者さんや料理が苦手な人にも簡単ですよね。

煮ることで野菜の量も減って野菜独自の甘みも増しますし、キッチンバサミを使って料理を作る楽しみも教えてあげられます。

 

ブロッコリーやニンジンが好きでも毎食生のまま1個を丸ごと食べるのは難しいですが、スープなら可能です。

スープのほかに野菜ジュースを活用するのもOK。

サンスターの野菜ジュースは内容成分がいいですね。

 

しかも、おいしい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です