薄毛遺伝子

薄毛遺伝子があってもなぜ育毛に成功できたのか

薄毛遺伝子があっても育毛成功

薄毛遺伝子を「抑え込む」という考え方

読了までの目安時間:約 5分

 

薄毛遺伝子はなくなりません。

 

なくならないですが、薄毛は治せるのでご安心ください。

 

どういうことなのか?

 

私は「体質は一生もの」だと思うのです。

 

ハゲ体質も一生もの。

 

フサフサ体質には、現代の科学の力では移行できない。

 

残念ながら。

 

ところが、「抑え込む」のは可能なのです。

 

遺伝子オンにしなければいい。

 

遺伝子が発動しなければいいのです。

 

そうすることができれば「ハゲない」わけです。

 

このことが今の私にはよくわかります。

 

・野菜を多く摂る

 

・肉を食べすぎない

 

・ストレスをためない

 

・睡眠を十分にとる

 

・昔ながらの和食を食べるとハゲにくい

 

などなど。

 

これらのことは、育毛の常識ですが、

 

これもハゲ遺伝子の「遺伝子オン」を遅らせる、抑え込む方法なのです。

 

経験的に昔からわかっていたのです。

 

これらのことを毎日たんたんと実行すれば、薄毛にならなくて済みます。

 

23歳で遺伝的なハゲが起きた時には絶望を感じましたが、その後対策がわかりました。

 

一言でいうと漢方の育毛法です。

 

薄毛遺伝子を抑え込む方法を実行して、髪の毛を維持できました。

 

ここで気を付けるべきことは、

 

「どのようにしたら、ハゲを治すことができるのか?」

 

と質問を受けることが多かったのですが、一言では言えないわけです。

 

「いろいろとやることがある」

 

のです。

 

ある育毛剤を振りかけるだけでハゲを治療できるのなら、うれしい話ですが・・・。

 

それは、ない。

 

たとえば、「スピルリナを多く食べると髪の毛が太くなる」と私はアドバイスすることが多いのです。

 

 

 

でもね。

 

そうアドバイスすると、スピルリナばかりに意識が行ってしまう人がいます。

 

その挙句に、

 

「スピルリナを食べてい折るが、髪の毛が生えないよ」

 

などと私に言ってくる人もいるのですね。

 

スピルリナは育毛に役立つが、スピルリナだけで薄毛体質の人に、髪が生える訳ではない。

 

この意味が分からないと、育毛には成功できませんよ。

 

いくつかの基本的な条件を満たしたうえで、スピルリナが効果を発揮するのですから。

 

たとえば強い心理的ストレスがあると、スピルリナの努力が実を結ばない。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メタ情報