薄毛遺伝子

薄毛遺伝子があってもなぜ育毛に成功できたのか

薄毛遺伝子があっても育毛成功

育毛のために大豆を食べる

読了までの目安時間:約 1分

 

大豆が育毛に良いのは常識です。

黒ゴマきな粉は育毛のための重要アイテム。

 

その大豆が吸収性も高く摂取できるのがコレ。

まずは育毛のために3か月食べてほしい。

 

 

 

育毛に良くない食事はやめておく

読了までの目安時間:約 1分

 

育毛に良くない飲食物があります。

塩分や糖分、動物性脂肪の多いものはよくない。

 

 

刺激が強い食べ物もよくない。

酒もよくない。

油を大量に使用する「お菓子」もよくない。

 

 

薄毛対策によくないものは毎日の生活の中で、徐々に減らしていくことです。

 

 

まずは良くない飲食物を減らし、それから、育毛栄養を摂取するように心がける事です。

f:id:minanotame2:20161103145408j:plain

育毛剤かコラーゲンか

読了までの目安時間:約 2分

 

育毛剤はテレビや雑誌でもよく宣伝されているので、どれを使っていいのかわからなくなってしまうかも。

今回は育毛剤の種類と効果を説明してみます。

 

 

育毛剤を使うのは薄毛、ハゲが気になるからでしょう。

薄毛やハゲの原因は、男性ホルモンのテストステロンが原因。

 

 

5αリダクターゼという変換酵素の作用によりデヒドロテストステロンというホルモンに変質してしまうと、

薄毛やハゲを引き起こす元になってしまうのです。

 

 

育毛剤の多くが抜け毛予防を目的としたものですが、育毛剤の成分は、大きく4つの働きに分類できます。

4つの分類は、

 

 

①男性ホルモンの働きを抑制する

②毛母細胞を活性化する

③頭皮の血行を良くする

④皮脂の分泌を抑制する

となります。

 

 

じつは、これらは育毛剤を塗布するよりも、私の実体験では、コラーゲン飲料のほうがいいのです。

薄毛原因を抑え込む成分の入ったコラーゲンです。

f:id:minanotame2:20160702052419j:plain

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メタ情報