薄毛遺伝子

薄毛遺伝子があってもなぜ育毛に成功できたのか

薄毛遺伝子があっても育毛成功

髪が生えない人はどこかが間違っている

読了までの目安時間:約 2分

 

スピルリナは薄毛対策のために必須です。

でも、
「これだけでハゲが治り、髪が生える」
のではないことを、何度もお話ししてきました。

 

 

では、スピルリナを活用して確実に髪の毛を生やすには、どうしたらいいのか?
以下のことを確認してほしいです。
1.スピルリナは一日50粒前後飲む
2.暖かいプーアール茶で飲む
3.睡眠、食事、心の平安の育毛条件をクリヤーしておく
4.他の育毛漢方療法と併用する
以上です。

 

 

たとえば、
暖かいプーアール茶で飲むことをせずに、自己流で、
「オレは水で飲みたい」
とか
「緑茶で飲んでもいいだろう」
とか、
「コーラで流し込んでみるか」
などと自己判断で決して行わないこと。

 

 

プーアール茶で飲むことが育毛効果を生むのですから。
では、なぜ、暖かいプーアール茶がいいのか?
理由としては、スピルリナの消化に関与するから。

 

 

消化吸収が良くなるのです。
そして、ハゲ原因になる「脂」を流してくれるのです。

 

 

黒ゴマドリンクでハゲを治す

読了までの目安時間:約 1分

 

薄毛や抜け毛改善の飲み物としては、黒ゴマドリンクがあります。

私のパソコンの近くには、黒ゴマドリンクを置いています。

 

 

私は、黒ゴマドリンクに限らず飲み物を、あまり冷蔵庫では冷やさないのです。

さて、この黒ゴマドリンクはスーパーで90円くらいです。

コンビニだと100円以上するかも。

 

 

私は25歳から57歳の今までに、数多くの育毛関連の本を読んできましたが、もう何度も黒ゴマやきな粉、ビタミンEのことを目にしました。

とくにこの黒ゴマは漢方の見地からも髪の毛の健康にはとても良いものなのです。

 

 

それだけ定番の薄毛対策の飲み物なのでしょう。

生えるために役立つのは何でもする。

薄毛や抜け毛を治すイソポフラボン

読了までの目安時間:約 2分

 

薄毛や抜け毛を改善するには、二通りの方法があります。

 

育毛剤や育毛シャンプーなど「外側からの育毛」

もうひとつは育毛酒や育毛サプリメント、発毛に効く食事など、「内側から生やす育毛」です。

 

 

私は漢方の育毛法を支持するので、体の内側を重視します。

ですから、長年の育毛生活において、何を体内に取り入れると髪の毛が生えるか、ということを追求してきた26年間なのです。

さて、大豆は育毛に効果的です。

 

 

発毛成功者が多くいるのが証明しています。

私は大豆イソフラボンを摂取しています。

 

 

安価ですし、安全だと感じます。

男女とも薄毛に悩むなら、イソフラボンを摂取したいものです。

 

 

 

育毛栄養を摂ればハゲにはならないのです

読了までの目安時間:約 2分

 

髪の毛というよりも頭皮には栄養が必要です。

栄養が毛根に届かないと、毛根の働きそのものが鈍ります。

 

 

髪に必要なタンパク質、ビタミンやミネラルなどの栄養素がバランス良く取れていない食事、不規則な時間の食事は抜け毛を促します。

なかでも睡眠不足は悪い影響の度合いが大きいです。

 

 

女性の薄毛対策には、栄養バランスを考えた食事を摂取することが大切。

肉類を食べ過ぎないようにすることも忘れないでおきましょう。

何ごとも食生活の改善が第一歩となります。

 

 

食事療法は育毛漢方の根幹をなすものです。

食事を改善すると育毛剤の発毛効果がでやすいのです。

 

髪を太く育成するのに必要なタンパク質、ビタミンやミネラルなどの栄養素をバランス良く摂取するように心がけること。

薄毛対策で食べると良いとされている食べ物は、魚類(特に底物、カレイ・カサゴなどコンドロイチンを多く含む物)。

 

 

また、油の少ない肉(鳥ささみ等)、豆腐、納豆、野菜(温野菜が好ましい)、海草、果物、穀物類・和食類・練り物など。

ただし、あくまでもそれだけに集中するのでなくバランスのよい食事を心がけることが大切です。

 

 

たいていの人は育毛栄養が不足します。

ですから、サプリメントで補うことは最低条件なのです。

 

 

 

育毛に役立つ栄養を摂れば生えるのが当たり前

読了までの目安時間:約 4分

 

薄毛の髪がみるみる生えてくる

 

 

(薄毛に悩む30代男性の質問)

髪の毛が細く、ヨワヨワしい感じになってきました。年だからと思いますが、量を増やし、髪の毛も太くしたいのです。

 

 

(回答:)

髪を増やし、太く、丈夫にするノウハウがあるのです。

髪を増やしたければ、この方法だけは知っておきたい情報があります。

「健康な体づくりの裏ワザ・隠しワザ」  平成暮らしの研究会 編

2001年発行 を参考に、お答えしましょうか。

 

 

この本には、あらゆる体の悩み、健康に関する情報が満載であり、そのなかには、髪の毛に関することも記載されています。

まず、「抜け毛を防ぐ食材パワー」としてカボチャの種が抜け毛に効くとのこと。カボチャの種をスナック代わりに食べるとよいのです。

カボチャの種に入っているミネラルが抜け毛に効くのです。

抜け毛の原因の一つである亜鉛がカボチャの種に含まれる。

 

 

他にも「痛んだ髪には、こんな食品を」ということで、ビタミンEを薦めています。

ビタミンEは、もう有名。育毛に関する書籍には必ず記載されているものの一つです。

私が思うのは、ビタミンEが育毛に効果があると知っているのに、特にビタミンEを摂取していないのではないか?ということです。

 

 

この本に限らず、育毛に関する情報を私のように大量に収集していると、ある種の傾向というものが判明するのです。

育毛情報でも、いまや、「自分だけ知っている」というようなものはないのです。

ネットや、書籍で大量に発毛情報を集めれば、いい方法はわかってくる。

 

 

大切なのは、そこからです。

女性の育毛に良いものが判明したら、なんとしても生活の中に取り入れること。
これで、女性の髪はよみがえり、増えてくるのです。

 

 

育毛法で評価の定まった方法を実行すれば髪は生えるのです。

育毛法で評価の定まった方法を実行すれば髪は生えるのです。

 

 

大事なので2回言いました。

この本でも、「定番」であるビタミンEが紹介されている。

この本では、青魚(いわし、さば等)や落花生でとることとなっている。

 

 

カンタンですね。

やせて細くなった髪を、太く、増やすことが食べ物で可能となるのです。

食事ノメニューを決めるとき、こうした知識をもとに、選択していく。

こうしたことの積み重ねで薄毛対策は成功するのです。

f:id:minanotame2:20150606190220j:plain

ほとんどの人が、育毛栄養が不足するはずです。

ですから、実際には育毛サプリメントの活用が必須なのです。

 

 

薄毛を治すには、それに必要な栄養を取らなくてはなりません。

お酢で髪の毛を増やす方法

読了までの目安時間:約 2分

 

健康雑誌に育毛方法が載っていました。

その方法は「お酢の育毛」なのです。

 

1.お酢

2.霧吹き

を用意して、20倍にお酢を薄めてスプレーする方法です。

 

 

私の実行計画は、入浴時にスプレーして、フロから出るときに体とともにお湯ですすぐという方法ですね。

お酢の育毛効果の理論的なものも語られていますが、一言で言うと「弱酸性」を理想的な形で実現するからです。

私は理論はともかく、3ヶ月お酢の育毛方法を実行することが大切なのですね。

 

 

髪の毛は「女の命」というほど、女性にとって重要なものですから、薄毛になったらその心理的なショックは大きいのです。

外部からはお酢の育毛。

内部からは育毛のための食事を心がける。

 

そうしているうつに、気づくと生えているのです。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メタ情報