20代で細い髪の毛の悩みが出てきたらどうする

細い髪の毛が目立つようなら、どうするべきか?
20代で細い髪の毛の悩みが生まれます。
髪の毛が細くなってくることで、一番に、つらいところは「ルックス」が大きく変化することです。
つくづく思うのですが、髪の毛はその人のイメージを大きく変化させるのです。
20代でAGAにて仮眠家が痩せ衰えて細くなるというのなら、
「遺伝性の薄毛体質」
のはずです。
覚悟を決めるべし。
よほどの育毛努力をしなければ、髪の毛は太く育たない。
うぶ毛状態で、細くて髪が見えない。
あたかも髪の毛がないように見えて「ハゲ」とよばれる状態です。
明日と言わず、今日から育毛をすべきです。
でも、その努力ができる人は少ない。
だから、ハゲは
「後もどりできない、一方的な薄毛化」
とも思われているのです。
実際に「ハゲは治らない」と考えている人も多いのです。
身近な人の中で、ハゲから復活して髪の毛が生えた人を、多くの人は知らない。
または、髪の毛が復活した人を見たことがないからでしょう。
私は、薄毛遺伝子を受け継ぎ、20代前半で薄毛遺伝子が活発化したのですが、ありがたいことに適切な育毛ノウハウに出会えたのです。
結果として、髪の毛に満足のいく57歳となったわけだね。
ただし、
「これだけ、時間とお金をかけているのに、フサフサ髪の遺伝子をもった人よりは、髪が少ない」
という点は少し無念に感じます。
生まれ持ったフサフサ遺伝子を超えるのは、2015年の現状では無理なのでしょう。
けれども、いずれフサフサ遺伝子もった人を超える髪の毛ボリュームになりたいね。
その意欲はまったく衰えていません。
それはさておき、
20代で薄毛化傾向が見えたなら、薄毛対策を行いたいものです。
睡眠
食事
気持ちの平安
育毛剤
育毛サプリメント
など、できるかぎりの努力をしましょう。
薄毛体質でも、ハゲない方法を私は知っていますので、
準備ができた人に、その方法を教えていきたいな。
薄毛体質でも髪の毛は生える
トップメニューに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です