髪の毛を太く丈夫にする第4法則で薄毛悩みは消える

抜け毛の遺伝子が活動してたら、見た目が大事な芸能人でもハゲ、薄毛が進行します。
髪の毛が細くとわよわしくなったら、髪形が決まりません。
髪の毛が薄いとバラエティ番組ではよくからかわれます。
この世では、ハゲはからかわれるのです。
ハゲたそのときには、覚悟をしないといけません。
この世は地獄ではないですが、天国でもないのです。
ハゲ、薄毛をからかって、うれしくてたまらない下劣な人もいるのです。
その場のハゲをからかって「ひッひ、ウケた!、俺ってユーモアバツグン」と喜んでいる人がどうしても存在します。
なんとか、髪の毛を増やして若々しくなりたい人が多くなるのも当然です。
人間のルックスは、髪の毛の印象で大きく変わるからです。
キムタクがもしハゲたら人気はどうなる?
ヘアスタイルでずいぶんと美貌はアップするのですが、髪の毛そのものが少ないと、自分の希望のヘアスタイルを自由に選ぶことは、不可能です。
ですから細くなった髪の毛を太く丈夫にしましょう。
髪の毛が正常に生え変わる抜け毛の場合は、髪の毛が正常な働きをまっとうして生え変わります。すでに役目を果たした髪の毛ですので、いくら抜けようが、また健康な新しい髪の毛が生えてきます。
しかし、髪の悩みを抱えはじめた人の場合、髪が本来の働きを果たさないうちに抜けるようになり、髪の毛は、毛根が小さくなっていて、弱々しくみえます。そのため頭皮にしっかりと根を張ることができません。
細い髪の毛の悩みが、ここで発生し始めるのです。
これは成長期にあるはずの毛母細胞が正常に働かなかったためです。
これに心理的ストレスが加わると、さらに状況が悪くなります。
髪の悩みを抱えている状態は大きなストレス状況です。日頃のストレスが抜け毛の原因となり、その抜け毛で悩んでいる状態が、更に抜け毛を助長させてしまいます。
集合して写真を撮るとき「○○がいるから、ハレーションおこすぜ!!」というような、心無い発言も、ますますストレスになります。
怒り、くやしさ、全部ストレスのもとです。
一度髪の悩みが発生すると、発毛に向かうのは難しくなります。そのような場合は、早めに専門医に相談するなどして、まずは悩みを解消する努力をしましょう。
場合によっては、セントジョーンズワートなど、心を明るく、快活にするサプリメントや、「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」などの漢方薬も検討し、心を「うつ」状態にならないようコントロールします。
髪の毛は、心の状態が、秋空に風船がグングン飛び上がるような心境の場合に生えてくるものだからです。
一方で、食事にも注意します。
育毛食事を心がけましょう。
>>>育毛食事で2か月でV字回復ブログ
髪の毛に悪い影響を与える食べ物はいくつかあります。
塩分過多の食べ物 塩分は動脈硬化の原因となります。動脈硬化は老化を早めることになりますので 脱毛を助長する可能性があります。
動物性脂肪を含んだ食べ物 脂肪を摂取しすぎると毛穴を詰まらせ、抜け毛を引き起こしてしまう可能性があります。
髪の毛を生やす食事は、日本式の食事です。
いわし、さけ、納豆、ミソ汁、ブロッコリーなど、特に重要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です