薄毛遺伝子

薄毛遺伝子があってもなぜ育毛に成功できたのか

薄毛遺伝子があっても育毛成功

野菜を摂らない人は髪が生えない人

読了までの目安時間:約 2分

 

野菜が育毛にとっては必須条件ということを、いくら言ってもわからない人がいます。

 

せっかく教えてあげても、実行しない人もいます。

私の親類でも、私のアドバイスに従った人は平均的な髪の毛の量を回復しましたよ。

 

強烈な薄毛家系にあっても、的確な育毛法を実行すると生えるのです。

ただし、野菜だけで髪が生えるわけではない。

 

「野菜だけで生えるわけではない」と私が説明するから、野菜のパワーを軽く見るのかな。

 

再度、ここで、薄毛対策と野菜の関係を言っておくと、

「髪の毛は野菜だけで生えるわけではないが、野菜を摂らないと生えない」

ということができます。

 

さて、このブログを読んでいるあなたのことになりますが、

あなたの今日の野菜の摂取量は、髪の毛を増やすために十分だと思えるでしょうか?

 

ここ、大事ですぞ。

薄毛の人は平均的な日本人が摂取する野菜量の2倍はほしいところです。

 

で、平均的な日本人の食べる野菜の量の2倍くらい摂取しましたか。

ちゃんと摂取していたら、いずれ育毛には成功するはずです。

 

平均的な日本人の2倍ほど野菜を食べていない人。

その人は、薄毛は治らないと私は予想します。

 

野菜スープを活用することです。

 

髪の毛を生やすための秘孔を突く北斗神拳

読了までの目安時間:約 3分

 

お前の髪はもう生えている!!
そのような身体のツボ、北斗神拳でいうところの秘孔をマスターしましょう。
お金がかからないからね、これは。

これまで40代以上の男性の悩みとして多かった薄毛は、現在では若い年代の男女問わずにその悩みを抱える人が増えています。
本来髪の毛というのは常に新しいものに生え変わることで常に外気に含まれている刺激物から守っている役割があるのですが、
しかしその生え変わるスピードが早くなるこで毛根に十分な栄養を蓄えることができなくなることで薄毛になるのです。
この薄毛になった時には、薄毛対策として育毛剤を使って生やすことが簡単と言えますが、
その育毛剤が肌に合わずに逆に薄毛を促進する場合があるので注意が必要です。
そのためアレルギー反応を起こさないより簡単な薄毛対策の方法として挙げられるのが、その頭皮に効果のあるツボを押すことです。
このツボというのは体の不純物を流すリンパおよび摂取した栄養を体中に流す血管が密集しているところであり、
この薄毛の原因はストレスともうひとつの原因としては毛根にある血管の流れが悪くなることの栄養が送られないことも原因と言えます。
この薄毛に効果のあるツボは主に2つあり、まず頭部の頭頂部分にある百会と呼ばれるところです。
この効果というのは頭皮の血行以外にも心の精神を落ち着かせる効果があるのでストレスが原因と血行不良による栄養が送られないことでの原因の両方を治すことできるので薄毛対策として理想と言えます。
髪の毛を生やすツボに関心のある方は、ぜひ、イノシシ毛ブラシによるツボ刺激をおすすめします
この方法は、私が昭和56年から取り組んできた育毛法の中でも、非常に効果の高いものなのです。
詳しくは、以下のブログ、「育毛は猪毛ブラシとスピルリナとコラーゲン」を読んでね!!
育毛は猪毛ブラシとスピルリナとコラーゲンなのだ
猪毛ブラシでうぶ毛を発生させ、スピルリナとコラーゲンで髪を太くする。
これが、最速で必勝の育毛法と言えるでしょう。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メタ情報