薄毛遺伝子

薄毛遺伝子があってもなぜ育毛に成功できたのか

薄毛遺伝子があっても育毛成功

細い髪の毛を太くするための3ポイント

読了までの目安時間:約 3分

 

細い髪の毛を太くする方法ってあるのか?
はい、あります。
今回はその方法を3項目説明しましょう。
02< 1.出口が広ければ太くなる理論
髪の毛の太さや細さは体質的なものが関係しています。
しかしそれでもケアを怠れば本来太く生えるはずの髪の毛も細くなってしまうでしょう。
髪の毛を太くするには、当たり前のことですが出口を広げてあげればいいのです。
正確には毛穴を狭めないことが重要なわけですね。
毛穴が狭まる原因には皮脂やホコリ、その他の汚れが詰まってしまうことが挙げられます。
お風呂にちゃんと入ったり、正しいマッサージをしたり育毛剤などを使うことで過剰な皮脂の分泌、汚れなどを防ぐことができるでしょう。
2.シャンプーを使わない染髪方法
「湯シャン」という頭の洗い方を知っているでしょうか。
これはシャンプーを使わずに、お湯だけで頭を洗う方法です。
シャンプーをやめることで、髪の毛を太くする、抜け毛を防ぐ効果が期待できると言われているのです。
シャンプーにはさまざまな成分が含まれており、頭皮にはよくない。
頭皮によくないということは使い続けていると抜け毛が増える、髪の毛が細くなる、ハゲになる、ということになる。だからシャンプーを使わないことが抜け毛防止やハゲ防止に繋がる、という考えらしい。
賛否両論あるようですが、ちょっと前まではシャンプーなんて無かったわけですから、
シャンプーの量を減らすなどして効果を確認してみるのはいいかもしれません。
3.とにかく栄養を補ってあげること
髪の毛を太くするにはとにかく栄養を与えてあげることです。
私はコラーゲンが効果的だと体験しました。
で、
平成25年10月は、
カイセイコラーゲン
カネボウ・コラーゲンゼリー
を飲んで(食べて)います。
IMGP1040
(写真はカイセイコラーゲンとカネボウコラーゲンゼリー)
飲む育毛剤カイセイ堂『ミレットシリーズ』

カネボウ化粧品のコラーゲンプラスゼリー

食べるものもそう、血の巡りを改善させるのもそう、育毛剤もそう。
これらのことを徹底して行って、頭皮や毛穴の奥の髪の毛を作ってくれる細胞に栄養を与えてあげること。
これが最重要課題であり、最優先課題でもあるのです。
シャンプーを変えた、
育毛剤を買った、
育毛サプリメントを飲んでいる、
などなど。
たしかに、どれも効果があるのですが、
「これだけ」というのでは、ではなかなか髪の毛を太くすることはできないと覚えておきましょう。
細い髪の毛を太くするのに役立つことは、全部実行する気持ちを持つことですよ。

薄毛を治すための野菜酵素

読了までの目安時間:約 2分

 

薄毛を治すために野菜成分は一番大事なのではないかと私は思うのですよ。

平成25年10月現在、私は2種類の野菜酵素を飲んでいます。

 

気分でどの酵素を飲むのか決めています。

「ベルタ酵素」と、「酵素八十八選」です。

 

どちらもいい感じです。

それぞれ個性があるのですね。

 

 

なぜ、酵素がいいのか。

それは生きた野菜成分が得られると感じるからです。

 

野菜や果物の生きた栄養素が「野菜酵素」からは得られる感じがします。

野菜が育毛において大事なのは知っていても、なかなか毎日の食事では十分にとれないですよ。

だから野菜酵素です。

 

とりあえず、どんな野菜酵素でもいいから飲んでみることですよ。

体調の変化なども見たらいいよね。

 

野菜が体内にとっていかに効果が高いのかがわかるはず。

近所のドラッグストアにも各種の野菜酵素は販売されているはず。

 

それらの多くが「置き換えダイエット」といって、

食事の一部を酵素ドリンクにかえて、それでダイエットをしようとするものです。

 

たしかにダイエット目的の商品が多いのですが、

ダイエットだけではなく、育毛にもいいのです。

 

そもそも、身体そのものに野菜成分の酵素はいいのですから。

髪の毛を細く弱弱しくするタブー

読了までの目安時間:約 3分

 

髪の毛を細く弱弱しくするタブーを解説します。
大きくは二つ。
第一には食べ物です。
第二には粗悪なシャンプーなのです。
髪の毛を太くボリュームアップさせたいのなら、この2項目に注意すべきなのです。
20121117234026
では、
1.食べ物について解説します。
髪の毛のことを考えるなら、シャンプーや育毛剤を使用するだけでなく食事も意識するべきです。
肌や筋肉と同じように髪の毛も食べ物の栄養から生成されますので、髪の毛のために悪い食べ物ばかり摂取していると頭皮や髪の状態はボロボロになってしまいます。
では髪の毛に悪い食べ物とはどのようなものがあるでしょうか。
簡単に言うとそれは内臓に負担をかける食べ物です。
たとえば香辛料を使った食材や添加物が多い食べ物、アルコールなどは分解するのに時間がかかり内臓にとって大きな負担となります。
大人になるとついつい飲みすぎてしまうお酒は育毛のことを考えるのならばほどほどにしましょう。
他にもコーヒーや紅茶の飲みすぎも良くないとされています。
そして糖分や脂質の多いスイーツや脂っこい食事も食べすぎないようにしましょう。
これは決して食べてはいけないということではありません。
食べることを禁止にするとストレスで頭皮に悪い影響が出てしまうこともあります。
ですので週に1度などと回数を決め、食べすぎないようにするということが大事なのです。
続いて、
2.粗悪なシャンプーを使ってはならないこと。
育毛書籍の最高傑作「みるみる髪が生えてくる」を昭和56年に読んだとき、一番印象に残っているのは、
「髪を生やしたいなら、よいシャンプーを使う」
ことなのです。
粗悪なシャンプーは決して使用してはならないのです。
育毛の研究者の中には、
「シャンプーをやめて、水洗いにすると髪が増えるのだ」
という人までいるのですよ!!

この本のレビューは、こちらのブログをお読みください。
「シャンプーをやめたら髪が増える」読書レビューブログ
私は、それほどカンタンには髪は生えないと思いますが、
粗悪なシャンプーを使っていたら、あらゆる育毛努力が無駄になるのですから、怖いよね。
お金をかけても、内容の良いシャンプーを使うべしです。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メタ情報