薄毛遺伝子

薄毛遺伝子があってもなぜ育毛に成功できたのか

薄毛遺伝子があっても育毛成功

細い髪の毛の悩みを解決する第一法則

読了までの目安時間:約 2分

 

細い髪の毛を太くする第一法則。
それは、
「髪の毛の育つ栄養素を体内に取り入れる」
ということに尽きます。
(参考サイト:育毛食事で3ヶ月 みるみる髪が生えた体験
育毛剤も無駄ではないかもしれないのですが、外からの作用よりも、体の中からのほうがはるかに効果があるというのが私の実感。
3447134_0
最近はあまり見かけなくなったのですが、「バーナル」という化粧品の宣伝を以前、何回か見たことがあります。
化粧品会社のバーナルの男性社長が山田邦子と対談をする宣伝です。
そのなかで、社長がいっていたのは、
「皮膚はバリアー効果があるので、化粧品の成分が肌にしみこむことは少ない」
というのです。
私も、「なるほど」と思いました。
身体にはいろんなものが付着したり、浴びることがあります。
肌にバリアー機能がないと、
醤油が手にまけたら、醤油の成分が肌に浸透する。
風呂にバスクリンを入れて入浴すると、バスクリンの成分を肌が吸収する。
などという、とんでもないことになるのです。
そうならないのは、肌にはバリア機能があるからなのですね。
髪の毛にとってよい成分を、頭皮に刷り込む事で、いくらかは効果があるのかもしれないのですが、
身体の中から、血液に栄養素を乗せて、毛母細胞において細胞の活動を活発化させたら育毛効果が大きいのです
コラーゲンを飲んだら、2ヶ月で髪が太くなるのは、血液によい成分がとけこんで、毛母細胞で髪の毛を成育させるからでしょう。
第一法則
コラーゲンスピルリナを摂取し、髪の毛にとって栄養のある成分となった血液を、頭皮部分にまで運びましょう。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メタ情報