薄毛遺伝子

薄毛遺伝子があってもなぜ育毛に成功できたのか

薄毛遺伝子があっても育毛成功

薄毛対策をあきらめハゲを受け入れるのは「もったいない」と思うが

読了までの目安時間:約 2分

 

薄毛対策をあきらめ、ハゲを受け入れるという人がいます。
平成25年の現在のように薄毛対策方法が確立されていない昭和50年代前半までは、多くの人が、
「ハゲは遺伝だから治らない」
という絶望感に襲われ、育毛剤で何とかしようとしつつ、
発毛効果がでずに、やがてハゲと共生する道を探してきたのです。
頭皮チェック03
今も、そういう人がたくさんいるのです。
ネットの質問と回答のコーナー「ヤフー知恵袋」で、
「ハゲを受け入れようと思うが、アドバイスをください」
という投稿が載っていました。
>>>「ハゲを受け入れようかと考えています」
私は、この人に直接話ができるなら、こう話をしたいのです。
「ハゲは治るので、ハゲを受け入れる前に、もう少し努力をしてはどうか?」
ということですよ。
私自身も強力なハゲ遺伝子を母方のご先祖さまから受け継いでいます。
育毛の対策をしなければ、55歳の今、完全な男性型脱毛症のアタマになっていただろうということは、容易に想像できます。
親類が集まると、よくわかる。
昭和56年にハゲの兆候が出てきたときに、
「髪の毛を増やそう。ハゲを治そう」
と決意して、お金と時間を投入してきたからなのです。
その方法は、このブログに余すことなく書いていますので、ぜひ、愛読して欲しいのです。
薄毛も、ハゲも治ります。
簡単か?
と言われると、
「簡単であるが、お金がかかる」
と言わざるを得ないです。
真実だから。
現実だから。
お金はかかるが、努力はあまりいらない。
昭和56年以降、毎日、育毛生活を続けてきた結論がこういうことです。
業界最大級の酵素数を誇る酵素ドリンク「ベルタ酵素」




育毛対策と育毛情報
薄毛対策の育毛漢方でハゲよさらば

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メタ情報