細い髪の毛を治すために

細い髪の毛を太く、量も増やす食べものとサプリメント
髪の毛を太くするには、食べものとサプリメントは必須です。
髪の毛の生える体質に改善するには体内に取り込むことが大事です。
育毛剤と育毛シャンプーも効果がありますが、体質改善ぬきで、おおきな成果はでないのです。
髪を増やし、太く、丈夫にするノウハウ。
髪を増やしたければ、この方法だけは知るべきなのです。
あらゆる体の悩み、健康に関する情報がネット上に満載であり、そのなかには、髪の毛に関することも多いので
す。
いままで、食べものでは、納豆とキムチのセット。
あるいはいわし、さけ。
サプリメントではスピルリナトレシチンなど紹介してきました。
今回はその他のものを紹介します。
どれも育毛効果があると思われます。
まず、「抜け毛を防ぐ食材パワー」としてカボチャの種が抜け毛に効くとのこと。カボチャの種をスナック代わ
りに食べるとよい。
カボチャの種に入っているミネラルが抜け毛に効くのである。
抜け毛の原因の一つである亜鉛がカボチャの種に含まれる。
他にも「痛んだ髪には、こんな食品を」ということで、ビタミンE
をすすめる人は多いのです。
ビタミンEは、もう有名です。
育毛に関する書籍には必ず記載されているものの一つです。
ここで、私が思うのは、ビタミンEが育毛に効果があると知っているのに、特にビタミンEを摂取していないの
ではないか?ということです。
この本に限らず、育毛に関する情報を私のように大量に収集していると、ある種の傾向というものが判明する。
育毛情報でも、いまや、「自分だけ知っている」というようなものは、ないですね。
ネットや、書籍で大量に発毛情報を集めれば、いい方法はわかってくる。
大切なのは、そこから。
育毛に良いものが判明したら、なんとしても生活の中に取り入れること。
これで、髪はよみがえり、増えてくるのです。
育毛法で評価の定まったものを、実行すれば髪は生えるのです。
で、この本でも、「定番」であるビタミンEが紹介されている。
この本では、青魚(いわし、さば等)や落花生でとることとなっている。
カンタンですね。
やせて細くなった髪を、太く、増やすことが食べ物で可能となるのです。
食事ノメニューを決めるとき、こうした知識をもとに、選択していく、こうしたことの積み重ねで育毛成功とな
る。
私の知人の中小企業社長(60歳)は、プロペシアと大正製薬「リアップ」のセットで急激に髪の毛を生やして
います。
この数ヶ月で、以前はなかった頭頂部に髪が生えてきました。
たしかにプロペシアとミノキシジルは効果があると思います。
しかし、今回ブログに書いたように、体内に有効成分を取り入れることで、さらなる発毛があるのではないかと
思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です